FC2ブログ

fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

闘鷲降臨~24時間で変えられるもの(18-19GAME4)#FE名古屋

MVP宮崎 
 土日のバックトゥバックの試合では、前日からの試合間隔は長くて24時間。もっと短い場合だってある。当然のことながらその24時間で技術的に上手くなるなんてことはあり得ないわけで、変えられるものは何かと問われたら、頭の中と心の中、ということになるだろう。

 前日の惨憺たる結果から一夜明けた本日のゲーム、変わることを指向した心の内をまず最初に表現したのが、司令塔たる山本エドワードその人だった。
 どこか遠慮がちにも見えた前日のプレーから一転、積極的なパスとドライブで得点に絡む。また同時に守備でも、エンドラインからのエントリーへのスティール狙いや自分のマークマンをケアしつつのダブルチームなどで積極性を見せ、時にはルーズボールに身体ごと飛び込むなど、上質な「熱」をチームに注入してみせた。

 これに呼応したのが昨日良い動きを見せながら後半は出番を与えられなかった坂本。1Q終わりに出番をもらうと、すぐにファウルをしたのはご愛敬。立て直すとまず速攻からファウルを受けながらのレイアップをねじ込み、&1のフリースローも沈めたところから始まり、ゴール下だけでなくショートジャンパーやフックシュート、果ては外国籍相手にダンクに行く迫力のドライブでファウルを引き出し、攻撃面で存在感を見せた。
 それだけでなく、守備面でも相手外国籍選手に身体を張った守備で対抗。もう一人の外国籍のポストへのヘルプもフィジカルを活かしてしっかりこなし、前日と違ってジョシュやジーにしっかりとした休息を与えつつ、チームに勢いをつけた見事な活躍。

 そして、前日全く入らなかった3Pシュートの面で、素晴らしいキレを見せたのがこの日のMVP、宮崎だった。3Pが6/9、20Ptsを稼ぐだけでなく、守備でも良い距離間によるヘルプで相手の攻撃をしっかりつぶして攻守に貢献。他の選手も昨日の屈辱を晴らすがごとく最後まで足を緩めず攻守に走り続け、終わってみれば37点差、114-77の完勝となった。

【心の中と頭の中】
 今日の試合については、まず何より昨日から精神状態を立て直して前向きなテンションを維持し続けたことが最大の勝因ではあるのだけど、それ以外にもしっかり頭の中の整理をしてきたな、というところが伺える戦い方でもあった。
 特にそれが見えたのが相手外国籍選手の1on1に対する守り方で、「ドライブやポストプレーからロールをしてしまえばそうそう外の選手にはアウトレットを出せない視野と技術」ということが前日の試合からも見えたということかもしれない。ターンの瞬間だったり、割って入る瞬間だったり、時にはドリブルをつく前からダブルチームをかけたりと、なるべく相手に予測させない形でボールマンの外国籍選手二人へ先手を取ってプレッシャーをかけることで相手の攻撃の勢いを減衰。
 得点こそある程度伸びたが、ナッシュに7つのターンオーバーを強いるなど、相手外国籍選手にストレスを与え続けたことが、前半八王子を僅か30点に抑え、この日の勝利の大きな要因になったということだろう。
おおきいおじさんこと石橋HC 
 また、結果として前半良い流れを引き込んだことで余裕があったとはいえ、最大出場時間がジョシュとジーの約27分、怪我していないベンチ入り選手全員が10分以上の出場時間を得て、全員が得点したというのは、前日の試合のことを考えても素晴らしいものだったと思う。
 とはいえ、今後前半がもっと競った展開になった時にこういう形にできるかはまだ不透明なところが大きい。選手、特に外国籍選手の負担、ある程度の時間まとまって休ませたいということを考えると、1Q2Qのインターバル、3Q4Qのインターバルを上手く使うのが基本で、その前後2分くらいで2人を順番に休ませ、そこをon1で何とか耐え抜く、という戦略的な交代を求められることは増えてくると思われる。チームが走って速い攻撃を指向していくとしたらなおさら、外国籍二人のスタミナマネージメントは必須となってくるし、そこで坂本と高村がどれだけ頑張れるかが、今期のこのチームの行く末を決定づけることになりそうだ。
スポンサーサイト

闘鷲降臨~退く勇気(18-19GAME3)#FE名古屋

神津さん引退1 
たぶんベンチの。

 試合としては、ちょこちょこミドル~3Pのところで守備に穴が空く相手守備のもろさを突いて粘り強く追いすがった八王子が、最初から最後まで全く外のシュートが気絶したまま得点できなくなったFE名古屋を上回ったという形。
 明日も見てみなければ分からないけど、八王子側の意図として「攻撃全部は止められないから中をやられないようにして、外はある程度のプレッシャーで諦める」というところは徹底していたように思うし、実際に3Pは5/31(16.1%)と、「もしシーズン終了までこの出来なら目標はB2優勝じゃなくてB2残留だね」という程度には酷いものだった。
 もっとも、シュートが呪われたように入らない日はどんなチームでもあるわけで、チームとしての底力はそういう時にどうやって価値を拾うかのほうで試される。そして、その底力には当然ながらベンチの采配も含まれる……はずなのだけど、どうにも今日の内容については疑問符がつくものだった。

【40分オン2というレギュレーション】
 今季から変わったレギュレーションで最も大きいのは、外国籍のベンチ登録2人、かつ全クォーターでオン2の出場が可能というものだ。この変更の結果として、特に帰化選手と契約できていないチームについては、その日ベンチ登録された外国籍選手のプレイングタイムがかさむ傾向にある。
 かさむ傾向がある、のは事実なのだけど、とは言っても40分出ずっぱりは非現実的だ。というか、いくらハードに鍛えているプレーヤーであっても、40分出ずっぱりの選手はある程度休みを挟んだ選手に対して、特に4Qの勝負所では対抗できなくなるのが世の常だ。

 本日は、まさにその罠に捕まったのがジョシュ・ホーキンソンその人だ。いや、嵌まったのは渡邊竜二HCなんだろうけども。FE名古屋の試合で40分出ずっぱりだった選手を思い出してみたら、初年度にサンダースがやっていたわけだけれど、あの時は外国籍が他全員怪我していたスクランブル状態。そんな特殊事情以来のフルタイム出場。あの時のサンダースもいい加減ヘロヘロだったわけだけど、今回のジョシュもご多分に漏れず、3Qや4Qの後半はかなり厳しそうな状況だった。
 ベンチの心理を追っていくと、ジーのファウルトラブル、その状態で外が全く入らず、一番有効な攻めはジョシュのアーリーポストだった、というところで頼らざるを得なかったのだろうけど、結果としてそこで「休ませることも出来ず、差を開くことも出来ずに中盤を過ごした」ことが致命傷になったように思う。
 そういう意味でもったいなかったのは本日は坂本が、チームのB2での10000点目を記録したりナッシュに身体を張って守備で対抗したりと出来も精神面も素晴らしい状態でゲームに入っていたこと。結局3~4Qには彼の出番は1秒たりともなかったわけなのだけど、3Qラスト2分~4Q出だし数分くらいでも坂本をナッシュにぶつけて粘らせ、ジョシュに5分程度のまとまった休息を与えられていたら、勝負所でまた違った展開になったのではないかと思わずにはいられない。
さかほんさんの背中 
 結果としてはそうはならなかった、というのはまあ、HCの勇気の問題なのだろう。それは、ジョシュを下げる勇気でもあるだろうし、坂本の好調を信じる勇気でもある。結局渡邊HCはどちらも持ちえず、入らない外のシューター陣に業を煮やして前半ローテに組み入れなかった高村の外に全額ベットして玉砕、と相成った。さもありなん。

【神津さん引退】
神津さん引退12 
今日の試合を見て、また喪失感が一つ増えた感じ。お疲れ様、だけど、いつ戻ってもええんやで。

闘鷲降臨~BLAND NEW SEASON!(18-19GAME1~2)#FE名古屋

1節青森 

 3シーズン目のBリーグ。B2B1に先駆けて、なんとなくひっそりと開幕を迎えている。「映像見せてやってるだけありがたく思え」的なB2の扱いは相変わらず、我が家のFireTVのブラウザでは試合が表示できずであまりしっかりとは見られなかった今節ではあるけれど。見た範囲で思うところのレビューを。


【開幕戦81-67】

 開幕戦はお互いに動きが硬く、序盤はあまり得点が伸びなかったところを、ジョシュ&ジーの局地戦の強さでしのぎ切って得たアドバンテージを粘り強く維持して勝利、というところ。初日については青森の両外国籍選手を退場まで追い込んだFEのコンビの勝利とも言えるだろう。ジョシュは34Pts13Reb3Blkのモンスタースタッツ。


【2戦目94-71】

 もっと走りたいとコメントを残していた渡邊HCの思いとは裏腹に出足が鈍く、また本日はジーが相手外国人にアジャストできず、でリードを許す展開。これをひっくり返したのが守備と、後述する山本エドワードのゲームメイクだった。3Q29-14と圧倒して逆転に成功すると、4Q最後まで攻撃の勢いは衰えず、坂本のツーハンドダンクで〆て快勝と相成った。


【エド、新たなる翼】

 プレシーズンの2試合ほどはなかなかチームの中で良さが見せられていなかったベテランPG山本エドワードだが、この日の3Q見せたゲームメイクは見事なものだった。球離れ良く早めにボールを前にパスしてみたり、自ら早くプッシュしてみたり、ハーフコートでも単調にならないよう、いろいろな選手が攻撃に絡むようにオフェンスをデザイン。前半相手にパワー負けしてイライラしていたジーにターンだけでシュートに行けるパターンを何回も生み出したような、すばらしい流れの攻撃を指揮して、能力の一端を示してみせたと言えるだろう。こういう「最終的な攻撃の出来上がりをイメージしながらチーム全体をコントロールする」選手はこの2年は居なかった。さらにチームにフィットする今後が非常に楽しみだ。

 一方の兒玉も苦しいところで自らプルアップを決めるなど印象的な活躍を見せ、宮崎、杉本含め4人の違うタイプのハンドラーを抱えているのは今後柔軟で面白いプレーにつなげられそうだ。


【ジーの収支アップ大作戦】

 前回のブログでも触れたが、ジーは恐らく機動力という意味では最低クラスの選手であろう。それは怠惰だからではなく、単純にスピードが足りないからなのだけど、故に大きなギャップが発生しがちになる。もちろん使っているだけのリターンも期待できるのだけど、弱点も多い、みたいな。そういう選手を上手く活かすには周りのケアが必要不可欠。そういう意味で、2戦目の34Qの使い方は割と上手くいっていたように見えた。2-3の真ん中に据えてリムプロテクトに専念させたり、パスゲームを上手く作ってフィニッシャーとして活用したり。今季浮沈そういう「弱点隠し方」っていようない。


最後一言

DAZN!!ーーー!!

CV田中真弓)


闘鷲降臨~東海アーリーカップ vs茨城ロボッツ #FE名古屋

あーりー
リーグ開幕まで1か月を切ったタイミング。真剣勝負?調整?
思惑が錯綜するのかしないのか、そんな立ち位置の、それでも「公式戦」。

闘鷲降臨~プレシーズンゲーム vs豊田合成スコーピオンズ #FE名古屋

ぷれ
Bリーグ'18-'19シーズン開幕まで1か月を切った。
前回お盆の時期の岐阜SWOOPS戦から2週間余り。
チームがどのように変わったかの中間テスト、みたいな。