fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その8:#42伊藤大和、#44栗野+おまけ #FE名古屋

2018/06/03 21:48

 [42]伊藤 大和
1718伊藤大和 
 その構造上、どうしても関東の大学が存在感を示しがちな大学バスケ。そんな中、2017年度の中京大学はインカレでベスト8に進出し、翌年の東海学連の出場枠を奪って戻ってきたのだけど、その立役者になったのがこの伊藤大和。関東の大学のチーム相手にもやれるというところを見せて、特別指定の枠を勝ち取った格好だ。インカレが終わった12月に登録されると、ちょうどガード陣に怪我人が相次いでいたという事情も重なり、それなりの出場機会を与えられることとなった。
 登録の体重70kgという数字が表す通りフィジカルの強さという意味では限りなく紙に近いということもあり、プロレベルのガードの守備の圧力には苦労するシーンが目立ち、まずは身体作りから、という印象が強い今季のプレーぶりだった。守備は相手のハンドラーにマッチアップすることが多かったため問題が目立つシーンは少なかったが、恐らくフィジカルの問題は同様に抱えるだろう。しかしその一方でプレッシャーをうまくいなせたときのシュートの切れは長短問わず素晴らしく、外でシュートを打って良し、切り込んでフィニッシュして良しの大型ハンドラーになれるだけの資質を見せつけた。
 プロレベルの選手の体格という意味では185cmの選手の平均体重は80kg前後が相場のはずで、現在の大和は筋力量としてざっと10kgは足りていないということになる。身体の使い方でカバーするにしても、後5kg以上は身体を大きくしなければならないだろう。一朝一夕にはいかない話だし、筋力のつきやすさは体質にもよるのですぐに結果が出るわけではない。ただ、本人のスキルもさることながら、今の彼には「パワーをつけることにより、プレーに余裕が生まれる」ことが必要に思われる。プロバスケの世界に身を置いて最初のオフシーズン、技術、身体能力は十分なものを持ち合わせているように見える彼がどのように自らの肉体を作ってくるか、楽しみに待ちたいところだ。

[44]栗野 譲
1718栗野 
 昨季、島根の昇格に貢献したベテランが、今季はFE名古屋に降臨。昨季同様、ベテランのリーダーシップを外に求めるという形になった。練習試合を見に行った際にも出番がなく、ベテランのメンターの扱いであまり試合に出ないのだろうか、などと思っていたのだけど、さにあらず。開幕戦はいきなり18分の出場時間を与えられるなど、出場時間に波はありつつも、主にon1の時間帯に貴重な戦力としてプレーした。
 彼が重用された理由については、やはりコート上でのリーダーシップ、および、ポジショニングなどにおけるクレバーさが大きかったように思う。スペーシング、スクリーンのタイミング等、経験と戦術眼に裏打ちされたプレーはチームに非常にいい影響を与えていて、コート上に居る時といない時では別のチームのように思えることも珍しくなかった。また、コート上にいるときにはそのハッスルプレーで、ベンチにいるときも盛り上げ役としてチームの雰囲気を常に上げようという役割も担い、好プレーが出た時のベンチの振る舞いはブースターにとっての楽しみでもあった。チームで闘うこととは、というのをあらゆる意味で見せてくれたプロの姿に頭が下がる。
 今季終了後に引退となったことを考えると、地区優勝で送り出せたのは本当に素晴らしいことだったと思うし、その経歴や人脈、ビジネス感覚などを見ても、今後もFE名古屋とお付き合いいただければ非常にありがたい。また何かの形で手を取り合う日が来ることを、そしてそれが早いことを祈っている。

【おまけ】
[0]ハーバート・ヒル/Herbert Hill
 年始に書いた中間レビューで「彼の集中力が続くかが成績を左右しそう」などと書いていたら、そのまま契約解除となってしまった。その後外国籍選手の構成に悩む西宮に拾われ、そのままシーズン終了までプレー。29試合中22試合で2桁得点を達成するなど、外国籍選手としては一定の数字を残していたが、さりとて独力でチームに影響を与えるほどのインパクトが与えられるわけでもなく、というところで、来季も日本にいるのか、はたまた他の国でプレーするのかは微妙なような気はする。集中力が続きさえすればBリーグでもトップレベルと言っていい能力の持ち主なので、条件次第ではどこかに拾われるのかもしれない。
 今季序盤に苦しんだFE名古屋にあって、残り4分12秒12点差を逆転した信州戦はFEブースター全員の心に残った試合だと思うけれど、その立役者は紛れもなくハーブさんであった。これからの彼のバスケ人生に幸あれ。
スポンサーサイト
闘鷲降臨 ファイティングイーグルス バスケ Bリーグ
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その7:#26神津、#41ジー #FE名古屋

2018/06/02 19:51

[26]神津 祥平
1718神津 
 キャプテンを務め、地区優勝を逃して涙にくれた昨季。迎えた今季はキャプテンの立場を伊藤大に譲り、背番号も杉本に譲って心機一転、というシーズンとなった。やはり昨季はキャプテンとしてチームを引っ張るという立場がかなりの重荷になっていたのだろう、今年はプレーしていても明るい表情が増え、また昨季よりも精神的にも肉体的にも安定した状態を保つことが出来ていたように思う。
 神津の武器と言えばその体格とステップワーク、そして柔らかさを兼ね備えた得点力。その一方で機動力という意味ではやや心もとない部分もあり、チームが昨季よりもボールや人を動かす攻撃を指向する中で、ややボールを保持するシーンが多く「重く」なりがちな彼の能力をどのように組み込むかに注目していた。結果としては懸念は杞憂に終わった、というより、「チームの指向するボールムーブやスペーシングが思うように発現できないとき、神津が1on1で取ってくる得点やフリースローがチームを助けていた」というべきかもしれない。自分より小さい相手にはパワーと高さで、大きい相手にはステップワークと技術で優位を築き、少しずつでも得点を重ねるところは、今季のチームをどれだけ助けたか分からない。
 冒頭で昨季との比較を出したが、今季は特に2PFG%が50%を超えてきており、また30分あたりで換算するとアシスト数なども大きく増加していて、チームの考える方向性にもアジャストする姿勢を見せつつ、自分のストロングポイントを出してチームに貢献する姿が、数字からも見えてくるように思う。
 その一方で機動力の不足は攻守両面で拭いがたく出てきてしまうのも事実で、攻撃面ではより速い選手に寄せられた時のターンオーバー増加、守備面では相手パスに振り回されることでカバーローテに穴があいたりファウルが嵩んだりする、というシーンが散見された。得点をしっかり取ってくれる分を考えれば収支は十分にプラスではあるのだけれど。昨季よく指摘された審判への異議の部分については今季は「審判にしっかり見てもらうためのコミュニケーション」の範疇で収まっていて、ベテランらしい落ち着きとともに良い役割を担っていた。
 年齢的にはまだ31と老け込む歳ではないとはいえ、機動力が伸びるというような年齢でないのも事実。ただ、「ボールを渡したら得点を積むことができる」選手であり、多少の粗はうまく隠して使っていくべき、と思わせる選手なのも間違いない。来季もたくさん神津コールをする機会があると良いなあと思っている。

[41]ギャレット・スタツ/Garrett Statz
1718ジー 
 今季開幕からB1島根に加入した7フッター。サイズとゴール近くで両手が使える堅実なセンターではあるが、B1ではパワーもしくは機動力の部分でどっちつかずになる面が大きく、成績不振に陥っていた島根はテコ入れ策として契約を解除する道を選択した。そこに目を付けたのが、新加入Cハーバート・ヒルの安定感のなさに悩んでいたFE名古屋で、契約解除からあまり間をおかずに契約、年明け早々からチームの一員となった。
 チームへのアジャストがどうなるか、というのがまず一つのチェックポイントだったが、これは全く問題がなく、年明けの福島戦で昨季のエースセンターかつ似たようなサイズのソロモン・アラビを相手にいきなり24Pts16Reb→28Pts18Rebの怪物じみた成績を残すと、結局トータル27試合のうち18試合で得点リバウンドのダブルダブルを叩きだすなど、大黒柱というにふさわしい成績を残した。怪我で2度ほど離脱したがあまり時間をかけずに戻ってこれたというのもポイントが高く、とくにプレーオフで痛みをおして帰ってきてくれたのは非常にありがたかった。そんなところにも彼の勤勉さが垣間見える。
 プレーについては決して器用でもしなやかでもないが、自分のストロングポイントがよく分かっていて非常に堅実。またシュートレンジも決して狭いわけではなく、時にはミドル~3Pも入れてくるようなスキルの持ち主でもある。身体能力もすごく高いわけではないが十分なパワーと高さを兼ね備え、インサイドでは強靭。やや機動力に欠くのが玉に瑕、といったところ。またチームにあっという間にフィットしたことやアシスト数を見ても分かるとおり賢く勤勉でなおかつ年齢もまだ28と若い。ジョシュと並んでいち早く再契約が発表されたが、チームの軸を定めるという意味で賢明な判断だったのではないだろうか。
 来季に向けては本人のスキルという部分より、彼が出ている時、出てないときの使い分けをいかに行っていくか、という使う側の問題が色濃く出そうだ。賢くて勤勉で責任感の強い選手だが、けして万能選手ではない。自分が点を取らなければいけないという責任感のあまり、ロングミドルを「打たされて」しまった熊本戦のような孤立無援の状態にならないよう、いかにチームに組み込み、チームの力にしていくのか。首脳陣と周りの選手の頭の中身が試される選手であることを意識して、次のシーズンも活躍できる環境を整えてあげてほしい。
闘鷲降臨 ファイティングイーグルス バスケ Bリーグ
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その6:#24ホーキンソン、#25カーニー #FE名古屋

2018/06/01 13:37

[24]ジョシュ・ホーキンソン/Josh Hawkinson
1718ジョシュ 
 ワシントン州立大を卒業し、今年からプロとして海を渡ってきた若手ビッグマン。学生時代の映像と残した数字から、正確なシュートと広いプレーエリア、そしてリバウンドの強さが武器のビッグマンだと想像していたが、想像した通りのスキルセットで今シーズンのFE名古屋の地区優勝に貢献してくれた。競技を問わず初来日の選手はまず日本の環境に慣れられるかどうか、という「新しい分化への適合性」がプレー以前の問題として出てくるのが常で、それが今回大学卒業して初めて外に出る、とくれば猶更なのだけれど、少なくとも異文化への適合という意味では持ち前の明るさ、そして何度か来日してくれた家族のサポートもあって乗り越えてくれたようだ。大学のシーズンと比べても1.5倍近い試合数、というところも含めてやはり疲労は隠しきれなかったようで、年末あたりや2月あたりはかなり疲労が出て、ゲームデイに体調を崩してフラフラだった試合も何度か目にしたのだけど、体調不良をおして今シーズンのPO含めた全64試合すべてでコートに立ち続けた心身のタフさはいくら褒めても足りないところだと思う。
 プレーとしては序盤は3Pシュートのアジャストが全くできておらず、最初の20試合は5/27で確率20%を割り、そもそもの試投数も1.35本/試合と少なかった。しかしその後は本人もゲームで打つ手ごたえが出てきたのか、後の40試合では40/117で確率34.5%と本数も確率も格段に上昇し、ビッグマンが相手を外に引きずり出すには十分な数字を残している。またシュート力の高さはロングミドル、ポストからのジャンプシュート、P&Rからのダイブやフックシュートなどでも活かされ、極めて高い得点効率が期待できるという意味で、彼の存在は非常に大きかった。また、インサイドでリバウンドに飛ぶ勤勉さと機動力も素晴らしく、ビッグマンとして十分な働きをしたと言えるだろう。
 一方で、大学ではどちらかというとPF的な動きを求められていたことが多かったこともあってか、ポストマンとしての振る舞いはまだまだ不満が残るもので、リングを背負ってのシールやリングを背負う選手への守り方を始めとして、より重い相手、強い相手に与したときのプレーにはまだまだ向上の余地があると思う。
 ただ、攻守の切り替えも早く精神的にも安定していて、勤勉さは折り紙つき。シーズン途中からはアーリーポストからの得点もどんどん増えていて、シーズン中でも進化を見せられていたのは心強い限り。早々に来季の契約も決まった。彼の真面目さなら、来季はまたさらに進化して帰ってきてくれるのではないだろうか。ご家族とも応援をともにしたことがあるけれど、揃って陽気な一家で、とても楽しい思いをさせていただいた。来年も彼と一緒に闘うことを楽しみにしたい。

[25]ロドニー・カーニー/Rodny Carney
1718ロドニー 
 最強の戦術兵器としてB2を荒らしまわった16-17シーズン終了後、再契約の音沙汰はなく。シェリフ・ソウを3.5番で使うと思しきチーム事情もあり、今年は日本には来ないもの、と思われていた。しかし、そのシェリフの病気離脱、そして早期の復帰がかなわないという事情、さらには所属のチームがはっきり決まっていなかったという事情も重なり、再契約が決定。第2節の群馬戦より、急きょ合流となった。
 プレシーズンの練習に参加できず、また本人もどれだけ実戦に近いプレーが出来ていたかは定かではなかったこともあり、年末までの平均PT11.8分、平均得点5.9点、FG%35.5%と、本領発揮とは言い難い状況が続いていた。その後年始のbyウィークにスタツ加入の上戦術的に再構成がなされたのであろうか、後の26試合では平均PT21分、平均得点15.4点、FG%51.1%、3P%42.3%と、紛れもないエース級の活躍を見せつけていた。残念ながら負け試合となってしまったが、ジーを欠いた茨城戦でたたき出した40得点のゲームは、ちょっと簡単には忘れられそうもないインパクトで僕らの心に残り続けるだろう。また、プレーを切り出してみてもNBA経験は伊達ではなく、ちょっと人間とは思えないような身のこなしで相手を躱してレイアップに持ち込んだり、オープンスペースでボールを持ったら最後ファウルでもしない限り止められなかったりと、戦術兵器として今年も元気に君臨していたし、後半はFG%などを見ても昨年より遥かに向上していて、昨シーズンに比べるとチームとしての彼の活かし方も向上したように思う。
 とはいえなかなかチームオフェンスの中に組み込みづらい資質の持ち主であることも間違いなく、また「密集に無理にでも入っていけてしまう」という能力がチームとして守備が強固なチームを相手にするとターンオーバーを犯しやすいという弱点に変わってしまうという部分も相まって、彼の得点能力を、弱点を隠しながら活かしきるというところまではもう少しかかりそう、というのが今シーズンを通した印象だった。
 来季に向けてはシェリフが復帰することがほぼ確実であろうことと、そのシェリフも遠からず帰化するであろうということ、そして、まだ噂の段階にとどまっているオールタイム外国籍on2+帰化選手出場OK、というBリーグのレギュレーションが導入されるのかどうかの組み合わせで、彼の扱いは変わってきてしまうような気はする。シェリフの帰化がこの夏に叶って、レギュレーションが変わって、ならその時点でアメリカに飛んで契約すべきだし、そうでなければシェリフが優先、ということになるのだろう。34歳とベテランに差し掛かる年齢ではあるが、今年の動きを見ていてもまだ老け込むような状況ではなく、まだ2~3年はB2ならもちろんB1でも主力級で働けそうな動きは維持している。もちろん日本だけでなくほかの国も含めて新天地を探るのだろうけど、せっかくのご縁、もう何年かその華麗でダイナミックなプレーを名古屋の、日本のファンに見せてほしいものだ。
闘鷲降臨 ファイティングイーグルス バスケ Bリーグ
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その5:#16坂本、#18飛田 #FE名古屋

2018/05/31 13:47

[16]坂本 健
1718坂本 
 みんなのアイドル坂本さん。つぶらな瞳のイケメン坂本さん。そうかシカッチェ好きなのは本人が似てるからか。
 閑話休題。
 今シーズンもその日本人離れした、両手ダンクも軽々やってみせる運動能力は相変わらず。時にはドライブインからの力強いダンクも見せたりはしていたのだけど。今シーズンは栗野の加入、そして神津のコンディションが昨シーズンより良かったということもあり、まとまった出場機会が与えられる試合が少なく、苦しいシーズンを過ごすこととなってしまった。
 原因はというともちろん技術面の不足が主ではあるけれど、昨年よりも複雑化した攻撃戦術について、ポジショニングの精緻さやボールの扱いの堅実性という意味で栗野、神津に後れを取った、というのが正直なところかもしれない。特にボールを持った時の判断の遅さ自信のなさは深刻なところで、良いところに居られない、居られてもボールの扱いが自信がない分判断が遅れて有効なプレーが出来ない、という悪循環。ボールを持つときもそうでないときも、もっと思い切ってプレーしてくれたらいいのに、と思わせることが多いシーズンだった。
 ただ、今季最後10試合あたりは本人も吹っ切れたのか思い切った動きも増えてきて、そうすると不思議なことに入らなかったFTも入るようになったりするものである。最初の35試合のFT%は32%、最後10試合のFT%は60%と向上。最後数試合はノーマークでパスをもらってミドルを沈めるなど、積極的なシュートも見せるようになっていた。彼が栗野のようにクレバーなポジションどりをしてくれるようになってくれるのならそれに越したことはないのだけど、一朝一夕でそれが出来るようになるはずもなく、そういう成長を見せる前に彼に望まれているのは「下を向かずに思い切ったプレーをする」ことだと思う。
 人間的魅力という意味では申し分ない選手。彼の活躍を心待ちにしているファンはたくさんいる。僕だってそうだ。来季は、ホームでドライビングダンクをぶちかましてバスケットカウントをとって吠える坂本さんの姿が見たい。ブースターが、首脳陣が彼に望んでいるのは、そういうチームをノせるプレーであるはずだから。

[18]飛田 浩明
1718飛田 
 今シーズン東京エクセレンスから移籍。前シーズン二桁得点を挙げたシュート力を引っ提げて、期待されたFE名古屋加入だったが、初年度はやや悩みの多いシーズンとなった。平均出場時間が前年比70%に減ったことの影響も大きいのだけど、得点は前年比55%とそれ以上に減少している。PER30という30分換算した数字で比べてみると、2PFGの試投数とFTの試投数、そして被ファウル数が目に見えて減少している。そして、2PFG試投数は前半30試合が平均2.5本→後半30試合が平均1.2本と半減している。エクセレンス時代のプレーをあまりしっかりと見たわけではないので推測になってしまうけれど、序盤戦よく見せていたポストアップを後半戦はほとんど見せなかった、ということと関係がありそうだ。チームとしては同じポストアップでプレーさせるならジーや神津のところの方がアドバンテージができやすいし、飛田をポストで使うと外でパスを待ってシュートを決める選手が1枚減ることになる。恐らくそういった「役割の変化」がシュート本数の変化に集約されているのだろう。
 そういった変化がある一方で3Pシュートの本数は時間辺りでは増加したわけだが、その確率も前年より低下、FT%も70%を割り込むなど、シュートタッチの部分でも波に乗り切れないシーンが多かった。その理由は「攻守で昨年よりも機動力と万能性を求められた」という側面が強いような気がする。ハンドラー・ウイングには守備面で相当な「脚」を要求するのが現状のFE名古屋の戦術で、それは本来なら過保護にしたいシューターについても例外ではない。そういう意味でいくと、今季の初めに比べると飛田の守備の脚の動きは明確に向上したし、ハンドラーとして攻撃のエントリーに協力したり、スクリーンを使ったカットでリングにアタックしたりと今までになかった動きを見せられるようになったのは進歩として捉えて良いのかもしれない。
 今季は初年度ということでいろいろ苦労が見えた飛田だけど、よりオールラウンドな活躍が出来る選手への脱皮の下地を整えたシーズンなのだと思う。まだ去就が定かではないけど、来季も3Pシュートを決めて吠える飛田の姿を、そして本日のMVPとしてユーモアたっぷりに行うマイクパフォーマンスをたくさん見たいところだ。
(追記)この記事をアップ直後に来季契約と膝の半月板手術に伴うインジャリーリスト入りが判明。早ければ3ヶ月くらい、長いと半年くらいかかるのかな。元気な姿で復帰する日を楽しみにしてるよ、トビちゃん!

fool's Paradise articlesTB:0CM:0

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その4:#14兒玉、#15シェリフ・ソウ #FE名古屋

2018/05/26 23:40

[14]兒玉 貴通
1718兒玉 
 今シーズン、大塚商会アルファーズより脱サラ、プロとしてB2デビューを果たした兒玉。シーズン前の練習試合等で攻守ともにエネルギッシュなタイプという風に見ていたが、開幕戦の仙台戦で同じタイプのベテランスター志村に格の違いを見せつけられたのを皮切に、しばらくの間はB2の、特に守備の圧力にアジャストしきれない時期が続いた。
 しかし、裏では相当の努力を続けていたことだろう。状況は少しずつ変化していく。10月の終わりの対広島アウェーの節にて良い内容のプレーで能力を証明すると徐々に信頼とプレイングタイムを勝ち取っていき、3月に入るとやや精彩を欠く成田に代わってスタメン入り。最後までその座を守り続けた。
 彼の良さはもちろんその運動量を活かしたしつこい守備なのだけど、もう一つの特徴がドリブルからのプルアップジャンパーの正確さにあると思う。昨シーズンに比べてインサイドポストの比率を減らし、ピックからの展開を増やしたように見えるこのチームの攻撃にあって、ビッグマンのダイブで空いたギャップで彼が放つプルアップが非常に良いアクセントになっていたのは間違いない。また、そういうシュートが得意な割にはキャッチ&シュートも良く入っていて、3Pシュートが40%を超えてきたのは立派のひと言と言えるだろう。その上でシーズン終盤はドライブインからのフィニッシュの頻度も増やしていて、今シーズンを通して最も成長した選手といえるだろう。
 ただし、その身長はチームの穴になりがちというのも間違いないところで、直接的なポストアップであればまだチームの予測の範囲で対処が出来るのだけど、他のところでギャップが出来た後に彼が後追いでサイズの大きいシューターに当たるとなるともうこれはいかんともしがたい。来シーズンも本人のポジショニング、そしてチームとしてどれだけ精緻な守備のカバーローテやポジショニングが組めるか、というのは大きな課題になっていきそうだ。
 とはいえ、今シーズン彼がもたらした攻守でのエナジーを考えると、そうしてでも使うべき選手、という地位を自らの手でつかんだと言えるだろう。この成長をもたらしたのが同じタイプの志村に開幕でやられたこと、だとしたら志村には感謝しなければならない。ともかく、来年も一緒に闘いたい、さらなる成長を見たい選手の一人だ。

[15]シェリフ・ソウ
1718ソウ 
 昨シーズンはソロモンのバックアップとしてパワー不足に悩める日々を過ごしたシェリフ。今季は新規加入したビッグマンに力仕事を任せて3.5番的な役割で躍進を、というチーム構成で、プレシーズンまでの戦い方を見る限りそれはなかなかに面白い形であったと思うのだけど。細菌性髄膜炎、という思いもよらないアクシデントが彼を襲い、結果としてシーズンを棒に振ることとなってしまった。
 予後は大方良い病気であるとはいえ、悪い方向に向かうと復帰すら危うくなるだけに心配されたが、体調自体はすでに回復、トレーニングは順調に積めている様子なのは何より朗報だろう。
 外国籍の枠との問題もあるし、来日から数えておそらく10年、結婚もしたし社員選手として働けるレベルに日本語も堪能とくると、帰化という話が出てくるのも時間の問題で、リーグの外国籍選手のレギュレーションとの兼ね合いで、彼の扱いは変わってくるものと推測されるが、まずはフィジカルレベルを回復し、その上でスキル向上、というのが彼に求められるだろう。
 艱難辛苦汝を珠にす。今年の経験は、今後の彼の人生にも、現役生活にも、きっとプラスを与えてくれるはずだ。来季はコート上で、彼の不屈のプレーを見られることを切に願っている。
闘鷲降臨 ファイティングイーグルス バスケ Bリーグ
fool's Paradise articlesTB:0CM:1

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.