fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

年の功は当てにならない【鯱】

2014/04/19 22:08

<Impression>
最終ラインからどんどん人が消えていくグランパス。
今度は大武くんがふくらはぎ肉離れで離脱である。
借り物を壊すんじゃない、福岡大学に謝れ。
…閑話休題。
そんなわけで人が居ない最終ラインは本多が強行出場し、ニッキが起用され、
右サイドバックには矢野が入った。
前線も玉田の離脱に伴い松田が入るスクランブル状態。

結論から言うと実らなかった。
スタメンの時はもうともかくCBからボランチへのボールが出ないし、出てもそこからの展開が皆無。
苦し紛れのケネディへのハイボールもサイドの崩しも機能せず、攻撃での閉塞感だけが目についた。

そんな中CKのマークミスで失点するとさらに煮詰まった展開に。
打開のために後半早々に望月を投入するも前で受ける選手が居ないのは変わらず。
その中で楢崎さんが何でもないボールをファンブルして差を広げられ、
珍しく良い形で若干微妙だけどもらったPKをケネディが大外しするなど
ベテランが率先してミスをする始末。
さらに急造SBながら身体を張って頑張っていた矢野が右足を痛めるという最悪の展開。
名古屋のサイドには魔物でも住んでるんではなかろうか。

敗戦もそうだが、攻撃の時の煮詰まりかたのほうが気になるここ数試合。
処方箋は西野監督の手の内にあるのかどうか。
後半になって投入された望月と青木の縦のラインが若干繋がっていたことだけが救いという、
次節以降が心の底から心配になる結果であった。
スポンサーサイト
グランパス サッカー 2014グランパス戦
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

試練の刻【鯱】

2014/04/15 18:00

 3連敗である。
 チームの成熟度の差をまざまざと見せつけられた3戦だったし、チームとして足りないものが山のようにあるということを改めて思い知らされた3戦だったように思う。

 経験が足りない、技術が足りない、相互理解が足りない、何よりDFの枚数が足りない。
 ゲームの中での数的不利とかそういうことではなく、頭数という意味でね。
 苦しい戦いになることは認識していたけれども、まさかここまで怪我人続出で苦しむことになろうとは思っていなかった。

 ただ、だからと言って昨シーズン末にベテランDF陣を整理したことを咎めるつもりは毛頭ない。
 今年の名古屋のチームとしての目的をゲーム的に言うなら

ゲームオーバー条件→赤字決算
S勝利条件→上位進出
A勝利条件→降格回避
B勝利条件→次シーズン以降上位と互せる戦力と相互理解の確保

 である。
 ゲームオーバー条件がある以上、そして昨年の戦力で大きな収支の改善が出来るようなサッカーが望めなかった以上、大幅な再構築が必要なことは明白だったのは間違いない。
 ここのところの連敗でベテランDFを切ったことやその補強をしなかったことを咎め、批判する論調をよく見かけるのだけど、果たしてその人たちは「人件費をかけてそこそこの戦いをした上で赤字でJ2降格」という結果を受け入れられる人たちなんだろうかね。
 個人的にはその結果は全く受け入れがたいので、このタイミングで今の形に舵を切ったことに異論はないのだが。

 また、怪我が多いことを批判する声も多いのだけど、筋肉系とか疲労性の怪我が多いならともかく、身体接触が元の捻挫系の怪我が続出していることをチームの責任にするのは無理筋に過ぎる。
 編成上の話について言えばDFの層が薄いことへの批判はある程度仕方ない部分もあるが、今回の名古屋の右サイドバックのようにレギュラーとバックアップが同時に大怪我をしてなおかつプレーレベルを保てる層の厚さを持つチームはそう多くない。
 そういう時に層の厚さを保つにはチーム全体の方向性がある程度成熟している必要もあるわけで、その意味で今回のチーム状況は余りに不幸な負の連鎖にあるものと割り切る方が精神衛生上良いのではないだろうか。

 そういった状況で楽しみとも言いづらい楽しみを見出すとしたら、やはり百戦錬磨の西野監督が足りないポジションに対して誰をどのような意図で用いたのかを読み解くことになるだろう。
 そしてそれが成功するかどうか、さらにはその結果として若手が思わぬ成長を見せてくれないかどうか。
 そんなところを見つつ、この我慢の時期に光を見出したいところだ。

 …ところでこの状況で大武に大学に帰られると本格的に詰むんですが、契約マダー?

fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198301-198306【WP8】

2014/04/13 23:25

初重賞。

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198212【WP8】

2014/04/11 23:00

拍子抜け、海外セリ市、一年経過

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

ACL(アジアチャンピオンズリーグじゃないほう【鯱】)

2014/04/10 10:14


 グランパスの期待の新人、小屋松くんの広島戦での負傷が前十字靭帯断裂と診断された。
 グランパスに限っても森や高原が、他チームでも鹿島の中田やFC東京の米本、
海外では最近はアーセナルのウォルコットが同じ個所を怪我し、長期離脱を余儀なくされている。
 女子のサッカー選手にも大儀見に川澄にと受傷者は数多い。

 この怪我は別にサッカーに限ったものでなく、他の競技でも多くのスポーツ選手がこの怪我に苦しんでいる。
 日本だと野球では小久保、フィギュアスケートの高橋大輔辺りが有名だろう。
海外ならNBAではこの怪我での離脱は枚挙に暇がなく、最近ではシカゴブルズのデリック・ローズがこの怪我からの復帰に苦しんでいる状況だ。(僕の母校の大学の選手でも知っているだけで3人ほどこの怪我にやられている)
 最近のスポーツの用具とかケア事情を聞くと、足首の固定・保護が進化している分、強い負荷がかかった時に膝に集中してしまうようになっているのではないかという説もあるようだ。

 この靭帯の厄介なところは損傷した場合に自然治癒が望めないところだ。
 血流が普通の人体に比べて乏しいようで、放置したところで腫れは引いても元のような動きが出来るようにはならない。
(膝が抜けるような感覚になると、大学の先輩は言っていた)
 競技レベルの話となるなら再建手術以外の選択肢はない、というのが実情のようだ。

  ただ、海外の選手の例でいくとこの怪我から復帰してなおトップレベルで活躍している選手もちゃんと存在する。
 サッカーならシャビがそうだし、NBAでも元祖髭ことバロン・デイビスは大学時代に前十字靭帯の再建手術を受けた上でNBAにドラフトされてオールスターまで上り詰めた。

 20年以上前、僕がNBAを見始めたころの前十字靭帯断裂の怪我はほぼ選手生命の危機と同義語だったが、この辺りが医学と、トレーニング理論の進歩なのだろう。
 個人的に選手の怪我と復帰の状況をいろいろ見ていると、同じ膝の怪我でも慢性になりやすいのは半月板損傷とかの軟骨系の怪我という印象が強い。
(ブランドン・ロイとかグレッグ・オデンとかね)
 小屋松くんの受傷状況の詳しい内容は不明だけど、軟骨が大きく傷んでなければいいなあ、と思っている。

 大きな怪我はスポーツ選手にはつきもの。
 それを乗り越えて頂点をつかんだ選手はむしろそれをバネにして、トレーニングで脚の運びを見直したり、身体を強くしたり、さらにゲームを理解したり、それまでになかった武器を加えて復活した選手ばかりだ。
 小屋松くんも森くんもそんな選手になってくれると信じている。
 残った選手の頑張りを応援しつつ、華麗に復活してさらに大きく羽ばたいてくれる日を楽しみに待ちたい。
グランパス サッカー NBA
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198206-198211【WP8】

2014/04/10 08:00

セリ市、出会い、出会い

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198203-198204【WP8】

2014/04/09 22:25

出産シーズン、種付け、縁の馬。

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198201-198203【WP8】

2014/04/07 23:16

初出走、初勝利、そして出会い。

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

会場も内容も【鯱】

2014/04/06 22:32

トヨスタ
最後まで言わせんな恥ずかしい。

[Impression]
強烈な風が吹き荒ぶ中観戦。
そこかしこで「完成度の差」などと言われているが、
現地観戦した立場からみれば何の事はない「自滅」だったと思う。
しかも自滅の原因は闘莉王なのだから笑えない。
3点目のハンドは情状酌量の余地があるだろうが、
2点の発端となったビルドアップのミス、
その後バタついて4点目まで一気に取られるほど引きずったのはあまりにも情けなかった。

もちろん完成度の差があることに異論はなく、
それはむしろ点を取られたことよりも攻撃でマトモに崩せなかったことにあると思う。
隅々まで意志が統一された広島の攻撃に比べ、名古屋の攻撃は単発に過ぎた。

選手別

楢崎:塩谷のは止めて欲しかった。それが出来る人なだけに。
刀根:守り方がサイドバックのそれじゃないんだよね。試合を通して全くの穴に。
大武:最後のあれは軽率そのもの。
闘莉王:精彩欠きすぎ。ミッドウィークの試合の影響だとしても言い訳できない立場。
本多:DFラインの中では頑張っていた。ミキッチにはやらせなかった。
矢田:前半はやや消えていたが、後半はよく頑張っていた。確かに小川に似たスタイル。
田口:ところどころでキレのあるパスを見せつつ守りも身体を張っていた。
磯村:田口より守備的に抑えた動きで及第点。
小川:献身的ではあるんだけど、攻撃ではもったいない内容が多い。
玉田:キープがリズムを変える役割よりコネてるようになってしまうのは良くない。
ケネディ:2点はおまけみたいなものだが、やはり居ないと困る。
松田:今日のチームで一番良かった。岡崎になってほしい(2回目)
小屋松:心配。明らかにヤバい潰れ方だった。早期回復を祈る。
枝村:小川が良くないならすぐにでも投入できることをアピール。
西野監督:崩れ方が急すぎて手の打ちようが無かっただろうとは思う。

それにしても、右サイドバックどうするんですかね。
グランパス サッカー 2014グランパス戦
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

矢田躍動【鯱】

2014/04/04 00:38

Twitterで経過を追っただけですが。
矢田がたいそう活躍したようで。

SHに流れを変えられる存在が欲しかったし、
ローテに食い込んでくれると良いね。
グランパス サッカー 2014グランパス戦
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

198112-198201【WP8】

2014/04/04 00:07

ゲーム開始。
まずは環境づくりからスタート。

この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

しょきせってい【WP8】

2014/04/03 22:27

発売日に購入したけどなかなかやれていなかったウイニングポスト8。
待望のナンバリングタイトルを備忘録がてら日記にしていく。



この記事の続きを読む…
ウイニングポスト8
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

成熟道半ば【鯱】

2014/04/01 10:58

週末は病気で倒れておりました。
金曜夜に唸りながら見ていた後半の感想のみ。

[impression]
川崎との攻撃の差が際立った試合。
受けたタイミングで二つ以上のパスコースを作り、
高い技術の前線の選手がどんどん選手のギャップにトライする。
グランパスの若い守備陣が防戦一方になるのも無理はなかろう、という内容だった。
悔しいけど大久保は技術あるなあ。
グランパスの守備陣も最後のところで身体を張ってやらせてなかったけど、
失点シーンだけはエアポケットになってしまった。
攻撃もバックラインから縦のパスをボランチが十分な形で受けきれず、
中央を封鎖されてサイドへ迂回させられる流れ。
それでもケネディの高さで点が取れてしまったりするのが名古屋のストロングポイントなのだが、
この日はそんな僥倖にも恵まれず。
ピクシーが良く言っていた「モダンサッカーのレッスン」。
あの時代に言われた途中で諦めてしまったような試合より、
むしろこういう試合こそ相応しいのだろう。
怪我が心配だが牟田の奮闘だったり、いいところもあった試合だし。

とはいえ、大武が福岡大へ戻り、牟田や田鍋が怪我とDFラインは胸突き八丁もいいとこな状況。
水曜のナビスコはどのようなメンバーで臨むのか、期待半分不安半分で見守りたい。

…それにしても、牟田はつくづく「持ってない」子だなあ。

fool's Paradise articlesTB:0CM:0

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.