fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

赤鯱随想~グランパスクエストハードモード

2016/08/31 12:00

残り7試合。
14位15位との勝ち点差も7。
残留には最低でも5勝が必要。

なんとも厳しい状況になったものである。
パワプロのシナリオモードなら文句無しに★5であろう。

さて、チームをそんな状況に追い込んでしまった小倉監督について、
チームに密着して「赤鯱新報」をお届けしているライター、
今井雄一朗氏がコラムを執筆している。


詳しくはリンク先をお読みいただくとして、要約すると

1.プレッシングからのショートカウンターを志向していた時は上手くいっていた
2.綻びが出たのはポゼッションへの色気を見せた後
3.その意識の修正とボールの奪いどころの修正が全くできず迷走、崩壊
4.チームはボスコの元、明確な指示を与えられて息を吹き返す傾向

ということが、厳しくも建設的で愛のある視点でまとめられている。

僕もチームが全く浮上できない中の小倉監督の佇まいをTV画面を通して見ていたけど、
もはや引き出しの中は空っぽで手の打ちようがなく、
それを隠すことも出来ない様は見ていて痛々しかった。

引き出しの中身が「戦術」×「選手層」で出来上がるとするならば、
その両方が監督小倉とGM小倉である程度なんとかすべきものであり、
そういう意味では小倉、特に監督小倉は責任を免れ得ない。
試合前の準備、戦術、そういったものを授けて少しでも迷いを消して選手をピッチに送り出し、
刻一刻と変化するピッチ上を余さず把握し、チームにメッセージを与える。
ボスコがたった4日で萌芽させたことを、
小倉は半年かけても出来なかったのだから残念でもなく当然と言える。

彼の歩む道を「いばらの道」にしてしまったのは彼だけに責任を問えるものでもない。
大体のところ、就任時点ですでに2016年のシナリオはハードモードになることは確定していた。
(どうしてハードモードになってしまったかについてはまた別の機会に書きたい)
だからこそ、彼が監督としてもGMとしても新人であることを危惧する声は多かったわけで。

ただ、結果はどうあれ、そして名古屋というチームには甚だ迷惑だったとしても、
彼がこの仕事にチャレンジしたことは賞賛されるべきことだと思う。
タイミング、本人の才、状況がピクシーや落合博満になることを許さなかったけれども、
それでも、指導の現場に立たず外からのみものを言う解説者に比べれば、
遥かに勇気ある決断、行動をしたのだ。

小倉隆史という存在が今後どこに向かうのか。
みんなも思っているだろうけど、この経験を活かさないのはもったいない。
まずは休むとしても、イチから何処かで積み上げるも良し。外で学んでくるもよし。
実力を蓄えてグランパスの力になってくれたら素敵なことだ。
でも、むしろ、故郷のチームを率いてグランパス相手にジャイアント・キリング。
そんなシーン、ちょっと見てみたいかも。
なんてね。
スポンサーサイト
グランパス サッカー 赤鯱随想
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

良い感想の書き方と論理的な文章を書くコツ【自分メモ】

2016/08/30 20:00

自分向けのメモおよび自戒として。
出典は芝村裕吏氏(@siva_yuri)のtwitterとそのまとめ
http://togetter.com/li/361289
http://togetter.com/li/7982
より。

【良い感想の書き方】
良い感想の書き方の前に:
・あらすじを書かない
・空気感とかいう表現を使わない
・シニカルなとかシズル感がとか横文字を使わない
・帯に書いてあることと同じ事は書かない。
これを約束事として意識してください。

良い感想の書き方:
・結論から書く。
・証拠を交えながら結論に至る自分の中のストーリーを書く。
・こういう人にお勧めとタイプを記述する。
基本はこの三つを押さえておけば感想としては上出来です。


【論理的な文章を書くコツ】
では、初級編。論理的な文章を書くには5つの簡単なコツがあります。
今から書きますので、よく覚えておいてください。

1.結論、その結論に至る理由  結論(再度)という形にする。これ、基本です。
2.思いました。というものを書かない
 (感想と論理を一緒にしない)
3.再現性がないものを書かない。
  (逆に言えば再現性がある物、明示性があるものを書く)
 再現性というのは、同じことやったら必ず同じ結果が出ることです。
 明示性は、あからさまにはっきりしてることです。
4.長い文をかかない。
  長くなりそうなら箇条書きにする。
5.これが一番大切です。
 最初に下書きを書いて、見ておく。
 いきなり書いたらだめですよん。
 見直せば変なところを事前に修正できます。
自分メモ
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

シン・ゴジラ感想~カッコいい働くおじさんが日本を救う素敵な世界【ネタバレ有】

2016/08/29 21:52

シン・ゴジラが面白い。

とりあえず日曜日に4回目を観に行く程度には面白い。

(以下ネタバレを含むので嫌な人は回れ右)

この記事の続きを読む…
映画感想 シン・ゴジラ
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.