fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

【鯱】疲労、それは沼の如く

2009/03/17 23:41

<関連記事・試合前>
<中スポ>
小川、前半から猛攻! 地元で魅せるスタートダッシュ
ピクシー「タフな試合になる」
<スポニチアネックス>
ストイコビッチ監督、名古屋の戦いをする きょうACL
<ニッカンスポーツ>
名古屋快足FW杉本、北京堅守を切り裂く
<サンスポ>
G大阪アウエー、名古屋ホームで第2戦/ACL
<スポーツ報知>
玉田「結果も残したい」ゴール宣言…17日・ACL
<J's GOAL>
【AFCチャンピオンズリーグ 名古屋 vs 北京】プレビュー

<メンバー>
      <スタート>         <サブ>
       玉田 ダヴィ        マキ 津田
   小川        杉本      マギヌン 花井
      吉村  慶          直志
   阿部        ハユマ     佐藤将
       増川 マヤ         
         楢           西村

スタートをいじるかも、というミスターの言葉だったが、
内容的にはいじったうちに入らない変更だった。

前半。
ある程度前半からペースを上げていくという指示が出ていたのだろう。
前節までの出足の鈍さはなく、またいつもよりもマヤが前目にドリブルしながら繋いだり、
山口が色々なところに顔を出したりと少し違ったチームの顔を見せた。
またSHに入った杉本も、初めからある程度飛ばす指示があったのだろう。
ドリブルの仕掛け、そして何よりマギヌンの時にはまず期待できない、
前目でプレッシャーをかける形はまずまず機能し、ポゼッションを高めてはいた。

しかし、相手もアウェー故か前がかりになるシーンは少なく、
杉本、ダヴィと裏を狙うことに長けた選手を生かす場面はなかなか現れなかった。
結局グランパスはポゼッションは出来ても最後の仕掛けの部分で人数がかかる相手守備を
打ち破ることが出来ず、こう着状態が続いたままハーフタイムを迎えてしまう。


【AFCチャンピオンズリーグ 名古屋 vs 北京】ハーフタイムコメント

前半からある程度ギアをあげて臨んだこの試合。
ミスターの喝の効果はいかに…と思いながら後半。

後半初め、まずは吉村に代えてマギヌンを投入。
フィニッシュの前の崩しとタメのアイディアに欠いた前半から、
攻めにマギヌンを使ってリズムを変えにかかる。

相手のカウンターも精度に欠く分いつもより高めのラインに引っかかり、
後半も出だしは名古屋が支配する形。
しかし、フィニッシュまでいけても今度はその精度がふるわない。

そして一番恐れていた展開、
蓄積された疲労がグランパスイレブンの脚を止め始めると、
今度は一転、グランパスが押される展開に。
特にクリアミスが大きなピンチを招くことも少なくなく、
楢崎神に救われるシーンが数多く見られた。
一度はむしろポストに救わr(ry

結局その後玉田に代えて中村直志を、
小川に代えて巻をピッチに送るも、
通り一遍の交代では事態を打開できず、
最後のダヴィのFKも枠を外れて試合終了。
雪の次は疲労の魔物に脚をとられ、またも勝ち点を2つ失った。

<感想>
・みんな体重そうだった
・相手は思ってたよりはクリーンだった
・ダヴィは意外とFK蹴れるんじゃね?
・途中交代で玉田→直志はあんまり意味がないと思うの。
・玉田に代えるなら花井王子だろうと思うのは俺だけ?
・その上で巻投入ならセットプレイからのパワープレイや最後のFKも期待できるだろうに。
・今日はHTチケットで行こうかと思ったが、行かなくて正解だった



<関連記事>
<グランパス公式>
試合情報 AFCチャンピオンズリーグ2009第2戦:名古屋グランパスvs北京国安
<サンスポ>
名古屋ドロー…本拠地初戦飾れず/ACL

Eグループのもう一つの試合はニューカッスルが蔚山を破り、勝ち点3をゲット。
国安と名古屋が勝ち点4で並び、それをニューカッスルが追う形となった。

週末の試合こそ勝利を!の願いをこめて↓をクリック!
にほんブログ村 名古屋グランパスエイト
スポンサーサイト
サッカー グランパス ’09グラ引分試合 ACL
fool's Paradise articlesTB:0CM:2
コメント
迷った末
結局現地観戦はせず、テレビで見ました。行かなくて正解でした(苦笑)

おっしゃるようにペースアップして試合に入った感じで、持ち味であるマヤのロングフィードも何度か出てましたね。それだけに前半のうちに何とか先制しておきたかったです。

前半から飛ばしたせいもあるでしょうが、後半は明らかに連戦(長距離移動)のツケが出てきましたね。ポストに救われた場面は完全に1点ものでした…。

ダヴィが個人で打開できるようになった分、昨年よりも周りのサポートや連動性が遅れたり、薄くなったりしてる印象を受けます。試合を重ねていくうちにある程度は改善されるとは思いますが。

日曜の清水戦が終われば少し日程が空くので、何としても勝って16日間で5試合という過密日程を締めくくってもらいたいです。
やましょう #-|2009/03/18(水) 12:45 [ 編集 ]

そうでしたか、寒い内容に凍死してないか心配でしたw

ある程度体力のある段階なら結果は違ったかもしれないですね。
結果にはつながりませんでしたが、ペース配分としては良かったように思います。

ダヴィの連動性については仰るとおりですが、
フィッティングの真っ最中ですからまだ判断には早いでしょう。
今まさに伸び盛りの選手ですから、
終盤には見違える姿になってることを期待しています。
Nacky #-|2009/03/18(水) 23:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/337-5c333850

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.