fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

【鯱】閉店間際

2009/04/18 15:39

<試合前記事>
<中スポ>
楢崎、連敗止める 熱狂サポーターの圧力にも負けない
<ヤング・グランパス>佐藤将也 -前編-
<ニッカン>
ピクシー「いい形で勝って連敗止めたい」
名古屋玉田ねんざで柏戦&22日ACL欠場
名古屋FW玉田不在も代役入れず中盤厚く
<J's GOAL>
【J1:第6節 柏 vs 名古屋】プレビュー

      <スタート>         <サブ>
        ダヴィ           杉本 マキ
 マギヌン 直志 山口 小川     花井
        吉村            福島
   阿部        ハユマ     竹内
       増川 バキ          マヤ
         楢           西村


玉田をこの2試合欠くことが決定したグランパス。
今日はシステムを変える事で対応してきた。
4-1-4-1でアンカーに吉村を置く形。

前半。
システムでここ数戦の大きな穴であるDFとCHのスペースを潰したグランパス。
この形がDFラインでのビルドの際の選択肢が増えて安定するという副産物も生み出し、
攻守共に危なげない形で名古屋が試合を運んでいく。

そんな中柏はセットプレーで対抗。
CKやFKから決定的な場面を生み出していくが、
ほんの少しのズレだけで、ゴールを割られることはなかった。

そんな中、自陣でのボール奪取からカウンターの形を、
中村→小川とつないでダヴィの頭で先制。
流れの中の綺麗な攻めで得点をゲットし、試合を有利に進める。

このあたりから柏のディフェンスのプレーがちょっとずつ荒くなり始める。
アフタータックルしてみたり後ろか脚を刈ってみたり。
そして恐れていた犠牲者に直志が選ばれてしまった。
ポポと絡んだときに右ひざをぶつけたかひねったか。
前半のうちは何とか持たせたが、結局前半一杯で交代。
試合途中で脚をひきずりながらロッカールームに引っ込んでしまった。

そうこうしてるうちに前半は終わり1-0で折り返す。

後半、頭から杉本を投入したものの、どうもSHとしての彼がしっくりこないのか、
前半よりも悪い形のボールロストが目立ち始めると、
柏にだんだん押し込まれていく形に。
それでも吉村がバイタルのケアをし、相手のサイドからの攻撃も
サイドバックがしっかり中央に寄せてケアをするなど簡単にやられることなく、
いい形の守りを見せていた。

しかし、後半15分、相手フリーキックの早いリスタートでボールを持たれると、
菅沼を吉村が後ろから追う形になってしまい、
振りぬかれた左足はバキ、増川の間をすり抜けると楢崎も反応しきれず、
ゴールに吸い込まれてしまった。1-1。

その後はお互いがカウンターで長い距離を走る形。
こういうときに杉本のスピードが生きる…はずなのだが、
最後の足元の精度に欠き、なかなかいい形にならない。

柏もさすがに疲労が出始めたアンカーの吉村の隙をつくようなサイドからバイタルの攻めで
度々ゴールを脅かすが、楢崎が神である所以を見せつけ、時間は進んでいく。

そしてロスタイム。
杉本が基点となってカウンターのチャンスを作る。
マギヌンのミドルが相手ディフェンダーに当たって前に落ちると、
反応したダヴィが粘って右足でゴールへ突き刺し起死回生の勝ち越しゴール。

柏には反撃の時間は残されず、悪い流れをなんとかしのいで勝ち点3を手に入れた。

<感想>
・いつもの一番の不安点である、バイタルのスペースは今日は吉村の献身で消えていた。
・阿部、ハユマのディフェンスの動きも良く、失点シーン以外は流れの中の不安は少なかった。
・セットプレーの不安感は相変わらずだったけど。
・上でも書いたが吉村がアンカーで頑張っていたので、攻めのビルドも不安が少なかった。
・まあ、柏の前の圧力が弱かったこともあるが。
・阿部ちゃんも少し復調気味か。
・ダヴィはさすが。
・直志に鶴…だが、これは花井あたりチャンスだぞ。
・あと、ホントにもうスギーニョSHはやめよう。




<試合後記事>
<公式>
2009J1リーグ第6節:柏レイソルvs名古屋グランパス
<J's GOAL>
【J1:第6節 柏 vs 名古屋】試合終了後の各選手コメント
【J1:第6節 柏 vs 名古屋】ストイコビッチ監督(名古屋)記者会見コメント
<サンスポ>
ダビ、終了間際に決勝弾!名古屋連敗止める
<ニッカン>
名古屋ダビ劇的決勝弾で連敗止める/J1

にほんブログ村 名古屋グランパスエイト
スポンサーサイト
サッカー グランパス ’09グラ勝ち試合 グラ記事 楢崎正剛 玉田圭司 佐藤将也 ピクシー
fool's Paradise articlesTB:0CM:2
コメント
4-1-4-1
苦肉の策かと思いましたが、これはこれで結構機能してましたね。もともとCHが攻撃にあまり顔を出さない名古屋にとってはむしろこっちのほうがいいのかも。

スギーニョはクロスの精度や足元の捌きが致命的なのでSHには向かないですね…。ダヴィが相手DFを引きつけてできたスペースに侵入、という形が今後醸成されていけばよいのですが。

今回は古賀キムチ券フラグが立ちませんでしたねw
やましょう #-|2009/04/18(土) 21:49 [ 編集 ]

何よりバイタルが埋まっていたことと、
前目のチェックが機能していたのが大きいですね。
この形ならもし直志がダメなら、
変わりに花井を入れてみて欲しいところですが…

スギーニョはなんか上手く見せようとして失敗してますね。
特徴だけを生かすようにして欲しいところですが。

古賀キムチについては秋の楽しみにしときましょうw
Nacky #-|2009/04/18(土) 22:50 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/375-73580ce3

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。