fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

前半戦総括 ~打者編

2009/07/24 23:57

■本日のドラゴンズトピックス
ASで荒木がエラーしたりブランコが豪快な空振り三振したり川井が炎上したりするのを横目に、
監督がしない前半の総括をしてみむとするなり。
点数は当然独断。70点で平均=期待通りの活躍。

井端 80点
4月 .277 1本 3打点
5月 .324 1本 13打点
6月 .377 0本 8打点
7月 .321 1本 2打点
・守備とかの衰え含めると厳し目の点数に。
・本塁打が出てない月が一番打率高いってのは「らしい」と思う。
・相手がガッツだと分が悪いかな、と思いつつ首位打者に期待していたり。
・全ては明子の手綱捌き次第と言えよう。

荒木 75点
4月 .293 1本 7打点
5月 .276 0本 2打点
6月 .270 0本 7打点
7月 .317 0本 4打点
・守備走塁は期待通り。
・要するにそれが生きるくらい出塁できるか。
・そういう意味では今年の、特に交流戦明け辺りからは良くやっている。
・個人的にはチームの勝利の条件は荒木の1試合2出塁だと思っているので頑張って欲しい。

森野 60点
4月 .250 5本 19打点
5月 .242 1本 9打点
6月 .293 3本 19打点
7月 .358 4本 19打点
・4月5月は攻守ともに問題外の出来。
・6月以降の復調がそのままチームの躍進に繋がっている。
・ようやく脂肪が燃えてきたのか調子も上向き。
・出遅れの分を取り戻して欲しい。

ブランコ 95点
4月 .227 4本 12打点
5月 .365 6本 21打点
6月 .267 9本 19打点
7月 .312 8本 22打点
・フォームでも成績でも守備でも、4月とはもはや別人。
・6月は打率は低いが普通に打ってた印象あるなあ。
・FU-TAさんのとこでも言われている通り、ホームランはほぼ殊勲打。
・満塁で力む癖がなくなれば完璧。後半も4番の働きよろしく。

和田 75点
4月 .313 8本 19打点
5月 .253 5本 10打点
6月 .415 6本 15打点
7月 .271 1本 12打点
・序盤の苦しい時期と6月の反攻を支えたのは紛れもなく和田さん。
・もうひと押しの場面での凡退でイメージが悪いが、今年は打ってくれないと困る場面の活躍も多い。
・とはいっても守備力とトレードオフなんだからこれくらいはやってくれないと。
・7月は明らかに調子を落としてきてるので、このAS休みで立て直せたかが鍵。

藤井 90点
4月 .277 4本 10打点
5月 .302 3本 9打点
6月 .308 1本 8打点
7月 .300 0本 7打点
・オープン戦の勢いそのままに4月からスタメンにほぼ定着。
・チャンスで弱いと言われつつもだんだん一本が出るようになりつつある。
・何より彼が居ることでセンターラインの守りが落ち着いたのが投手に好影響。
・まだ05年の森野くらいの扱い。さらにステップアップを望みたい。

谷繁 65点
4月 .250 0本 2打点
5月 .171 0本 1打点
6月 .220 0本 4打点
7月 .231 3本 8打点
・序盤の躓きはやはりこの人の怪我が最大の要因かな。
・とはいえ序盤のうちでよかった。
・この人のコンディション上昇はでかい。
・とにかく怪我なく最後まで。

小池 75点
4~7月 .248 4本 9打点
・右翼手ドングリーズの1番手。
・頑丈なこの人が控えてくれてるのはあらゆる意味で大きい。
・最近はバットでも貢献してくれているし。

小山 80点
4~7月 .177 1本 10打点
・tanisige離脱の苦境をなんとかつないで2番手捕手の座を確保。
・キャッチングもゆっくり上達中。
・そっちに頭がいって打撃が疎かになってきてるけどw
・後半も谷間に出番はありそう。頑張れ。

立浪 80点
4~7月 .314 1本 7打点
・昨年と違って打席に期待感ある。
・ラストイヤー、目に焼き付けたい。

野本 60点
4~7月 .236 1本 10打点
・打撃については速い球への対応が課題。
・守備については若いな、という印象。
・後半戦、貴重な左として出てきて欲しいが…


<期待以上>
福田:振れるしボール見える。打では楽しみな素材。守るとこ少ないのが残念。
中村一:ちゃんと守れて打席でも振れる。右翼ドングリーズに名乗り。
<期待通り>
デラロサ:ブランコのメンタルアドバイザーも兼ねつつ、穴埋め役としてそれなりの動き。
英智:体力切れるまでは信頼と実績のスーパーサブ。ドングリーズや藤井の刺激役も。
<もう少し頑張りましょう>
堂上剛:こんなチャンスでケガするなよな…。巻き返しに期待。
中川:ようやくチャンスもらったが。アピール必要。
田中:本来なら小山と枠を競わないといけない人。
<語る価値なし>
井上:思い出は美しすぎて。
李:…もう、いいよね?
小田:打率.050とスタメンマスク時の勝率。これが全て。

投手編は明日。
にほんブログ村 中日ドラゴンズ

■本日の買い物
・月刊アフタヌーン9月号。

感想。以下ネタばれ含む。


・『おおきく振りかぶって』
 秋丸君、その感性は正しい。この感情がどう彼の今後に影響するか楽しみ。
・『ヴィンランド・サガ』
 斜め上の展開に行ったな~
 どう物語を広げていくか。
・『ヒストリエ』と『ヴァムピール』は安定しておもろい。
・『からん』が面白くなってきた。
・読み切り、『シナプスの夢』はなかなか良かった。
・とりあえず女神さまについては熊倉版の方が萌えると思うんだ。
スポンサーサイト
野球 ドラゴンズ 本日の買い物 マンガ マンガ感想
fool's Paradise articlesTB:0CM:4
コメント

こちらではお久しぶりです。

選手云々よりも、管理人様の総括が素晴らしいです(^-^)

的を得た評価が出ていると思います。
時間をたっぷり取って、楽しく読ませて貰いました。

なぜか小池が最近気になるので、ドングリの頭になって欲しいです。

小山は確かに二兎を追えないタイプかも^^;
でも 生二番手捕手になる為にガンバって欲しいですね。
小田は憎めない存在です^^;

福田には、後半では守備でも魅せて貰いましょう。
完治 #-|2009/07/26(日) 11:35 [ 編集 ]
お久しぶりです
お褒めいただき光栄です(^^

小池は上限が決まっている選手ではあるんですが、
それだけに自分の出来ることを知っても居るようです。
頑張って欲しいですね。

小山はそんな匂いがしますが、慣れの部分もあるでしょうしね。
ODAや将海に比べ打撃でも期待できますから、頑張って欲しいです。

福田については、守備に期待するのはちょっとハードル高いかなw
まずはバットで結果残して、守らせてみたいと思わせるところからですね。
Nacky #-|2009/07/26(日) 23:29 [ 編集 ]
概ね僕も同じ評価ぐらいです
小山が評価下がりそうですけどw

剛裕に関してはまさに仰るとおりですね。
このチャンスに故障って・・・。
恐らく最もDH向きの選手なだけに交流戦で
一切出て来れないのが痛すぎました・・・。
FU-TA #eSpcvgL6|2009/07/27(月) 21:53 [ 編集 ]
平均点ではありますが
絶対評価も入ってるきらいがありますのでw
小山についてはもとの期待度がそもそも低いですから、
それに比べればといったところもありますし、
成長待ちの先物買いの部分もあります。

兄についてはおっしゃるとおり、DHで試したかったですね。
まあ、チームに貴重な左ですから、まだ様子は見てもらえるでしょうが。
Nacky #-|2009/07/27(月) 22:09 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/418-1bcee416

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.