fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

一歩前へ【鯱】

2014/03/25 11:50

【Preview】
ミッドウィークのナビスコ杯を超若手布陣で戦い、勝ち点と引き換えに若手のモチベーションと経験を手に入れた名古屋。休養十分の主力をリーグに送り出し、3連勝を狙う。対する神戸は昨年まで名古屋の最終ラインを固めた増川が凱旋。J2降格を経てポゼッションへ舵を切ったチームは前節を勝利して意気揚々。

【System】
<Grampus>:4-4-2
GK:楢崎
DF:刀根/大武/闘莉王/本多
MF:枝村/磯村/ダニルソン/小川
FW:玉田/ケネディ
気管支の不調による体調不良で田鍋がメンバーを外れた。
代役はナビスコに出ていた森かと目されていたが、守備面を考慮してか刀根を起用。
<Vissell>:4-2-3-1
GK:山本
DF:奥井/岩波/増川/茂木
MF:シンプリシオ/チョン ウヨン/森岡/小川/ペドロ ジュニオール
FW:マルキーニョス
森岡をトップ下に据えた4-5-1。

【Game】
昨季に比べてCBやCHから中央を縦パスで狙うことが多い名古屋の攻め。
それだけ昨季よりもパスを引き出す動きの共通認識が出来ている証明ではあるのだが、まだチャレンジの段階である以上ミスも付いて回る。
また今季は今までよりもDFライ
ンが比較的高く保たれる守備戦術となっており、
縦に速い攻撃をいかに防いでいくのかも一つの焦点と言える。
その脆さが如実に出てしまったのが前半8分の失点シーン。
大武の縦パスを後ろ向きで受けた磯村がキープしきれずにボールを失うと、
そのボールを受けた森岡→ペドロジュニオールと渡ったボールをあっという間にゴールに流し込まれた。
前述の名古屋の戦術の分析からシンプリシオとウヨンが執拗にCHに入る楔のパスに圧力をかけ続けていたこと、
そしてそこから速い攻めに転じることでラインの高さと闘莉王の機動力のなさという泣き所を綺麗に突かれた失点である。
さて、中央の圧力が強いこととそれがそのまま失点リスクとなることを理解した名古屋の攻めは早々にサイドを利用したものに切り替わる。
中央真ん中を厚くした分CBに比較的圧力がかかりにくいことを利用し、
闘莉王→左サイドの奥の方、というフィードを高精度で供給。
これをケネディや小川が上手く収めることで左サイドから押し返すことに成功。
シンプリシオやウヨンをカバーに引っ張り出すことで、中央の圧力
を分散する狙いに出る。
この闘莉王→小川のラインがつながったのが前半16分。
パスをインターセプトした闘莉王が左サイドの小川に正確なフィードを送り、玉田→ケネディとつなぐ。
右サイドでタメを作ったケネディは中央に走りこんできた磯村へ優しいパスを出すと、
一閃した右足から放たれたミドルは山本海人の右手をかすめてゴールの枠に収まり、早くも同点とした。
その後も闘莉王のフィードを活かして相手右サイドからバランスを崩すことに成功した名古屋だったが、
神戸も最後のところで大きく守備を崩されることはなく、
また名古屋も神戸のポゼッションからの流れには崩されることなく対応し、
試合は均衡。前半を1-1で終えた。

後半早々のケネディが得たPKを山本海人に阻まれるとさらに均衡の色は濃くなる。
お互いがお互いのポゼッションでは崩し切れない中、
西野監督はナビスコ杯でいい動きを見せた望月をピッチに送り出してリズムを変えようとするが果たせず、
お互いに若干脚が止まり始めて間延びした展開になる。

そして、ここでピッチへ送り出された松田がその能力を
十全に発揮してみせた。
やや神戸が前がかったタイミングのスローインをケネディが小川に落とすと、
前に走りこんでスピードに乗った松田の足許に素晴らしいスルーパスを送り込む。
スピードを落とすことなくドリブルでゴールに向かった松田はキックフェイントで岩波を振り払って切り返すと左脚で冷静にゴールを捉え、勝ち越し。
その後の神戸の攻撃を跳ね返した名古屋が3連勝を果たした。

【Impression】
得点シーンこそカウンターからの流れとなったが、
個人的にはそれよりむしろ最初の失点で相手に中央のパスを読まれてると見るや
即座にサイドへのフィードを活かした攻撃に切り替えて主導権を取り返したことが印象に残った。

田鍋の代わりに入った刀根についてはやや足元の技術には不安が残ったが、
スピードとフィジカルを活かした守りで相手の右サイドを封鎖。
使われ方にもよるだろうが、貢献できるところを見せたと言っていいのではないだろうか。

[短評] 
楢崎:PJの膝が入ったのは災難でした。 
刀根:守備的に入るなら十分穴埋めできるところを見せた。 
闘莉王:マーク
が薄かったのでフィードをやりたい放題。いつもより戻りも早かった。 
大武:チャレンジは大事だけど、縦を入れるタイミングはまだ精査必要。 
本多:脚を痛めてるのが気がかりだけど、頑張ってた。 
小川:2点目のときのスルーパスもだけど、見えないところでも相当効いてる。 
ダニルソン:今年はチームとして上手くいってるためかカバー範囲の広さ他いいとこが出てる。 
磯村:ああいうとこで点を取れるのがいいところ。 
枝村:良く動いてはいたけど、今日はちょっと目立たなかったかな。 
玉田:ケネディとは良い距離感。後半はバテたかな。 
ケネディ:全体として動きはキレてる。PKについてはこんな日もあるよね、と。 
望月:サイドでどうこうの選手ではないし本人も内に入りたがっててちょっと混乱していた。ボランチで見たいけど。 
松田:この人が岡崎みたいになってくれたら今年は結構いいところまで行けるんじゃないかと。 
中村:スイッチですから。 
西野監督:バイタルをしっかり埋めて、ラインを高くさせてるだけでも鯱目線では名監督。
スポンサーサイト

fool's Paradise articlesTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/681-446ebd22

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。