fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

前期あかしゃち通信簿(GK・DF編)【鯱】

2014/06/05 16:00

前半戦も終わったところなので、選手の皆様+2の通信簿でも作ってみようかと。

<GK>
楢崎正剛:【ふつうです】
 楢崎ならではのセーブもあればらしからぬミスも。
 全体的には「期待値通り」。
西村弘治:【ふつうです】
 厳しい3番手争い。まずは高木に挑まないと。
野村政孝:【ふつうです】
 ロッカールームでは高木のおかげで存在感。
 出番をアピールしたいね。
高木義成:【よくできました】
 楢崎という大黒柱が試合に出続ける中、
 ベンチの雰囲気を良くできる2番手キーパーは貴重。

<DF>
大武峻:【よくできました】
 特別指定初の開幕スタメンを勝ち取ると、学生とは思えない肝の据わり方。
 縦に入れるパスを中心にアグレッシブ故のミスもあるが、概ねプレーは良好。
 早く入団しちゃいなYO!
牟田雄祐:【よくできました】
 怪我から戻ってきた後に闘莉王のみならず最終ラインのカバー役として開眼。
 勝ち星が自信となってようやくらしいプレーが出来るように。
 闘莉王不在の時にDFラインを引っ張れるようになれば完璧。
田中マルクス闘莉王:【よくできました】
 不在の浦和戦で逆説的に存在の大きさが際立つ形に。
 いないときの手当てが急務とはいえストロングポイントには変わりなし。
 主将の自覚か比較的安定してキレがあって昨年とは違う。
刀根亮輔:【もっとがんばりましょう】
 SBもこなせる身体能力系CB、という触れ込みだったが、
 攻守に技術の不足が露呈した上怪我で戦列を離脱。
 フィットしてないというより光るところが見られなかったのが気がかり。
本多勇喜:【よくできました】
 あくまでスタートをやる初シーズンとしては良く出来ました。
 フィジカルを活かした守備が光るが粗さも目立つ、という感じ。
 前任者のスキルが地味にだが非常に高かった分イメージで損している部分はある。
 佐藤と切磋琢磨して伸びてくれれば。
ハーフナーニッキ:【もっとがんばりましょう】
 まだ背が伸び続けているとはいえ、敏捷性にあまりに欠く印象。
 高さについては間違いないのだけど、あと数年でどこまで埋められるか。
 少なくとも今シーズンの戦力に数えるべきではない。
佐藤和樹:【もういっぽです】
 ナビスコで数試合の出番をもらった形だが、現状本多との守備力の比較で劣っている印象。
 キック含めたボール扱いの精度では本多よりも良いものがあるだけに、
 後半は守備でも穴にならないところをアピールして出番を確保したいところ。
 良いクロスの持ち主なだけに、地味にケネディの去就の影響を受けそうなのも気になる。

(MF編へつづく)
スポンサーサイト

fool's Paradise articlesTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/702-254fee0c

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.