fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

赤鯱随想~行く人来る人2016その2、来る人編

2016/12/30 17:31

来年同じ船に乗ってJ2の荒波へ漕ぎ出してくれる仲間たち。

【DF】
宮地元貴 (慶應義塾大学→)
チーム全体が苦しかった今年の後半、チーム内の選手以上に忠誠心を示してくれた選手。
選手としては、今年不在で苦しんだボールの扱えるCB兼守備力のあるMF。
ピッチの上でその精神と技術をどのような形で見せてくれるか、とても楽しみだ。

シャルレス (セアラ(ブラジル)→)
ブラジル人トリオの一人。
映像で見るプレーぶりだけだとクレバーな印象のあるディフェンダー。
今年苦労したCBの軸になってくれるか。

櫛引一紀 (札幌→(レンタル))
今季昇格を果たした札幌から個人降格を厭わず来てくれた豪の者。
J2を知る選手として、そしてもともとはUカテゴリの有望株。
新監督、新戦術の元で更なる成長が出来れば、まだまだ代表だって夢じゃない。

内田健太 (愛媛→)
愛媛から加入の左サイド。
強烈な左足が持ち味とのことで、高橋とのポジション争いになるだろう。
高橋とは違った魅力はチームの戦術に奥行きを与えるはず。

深堀隼平 (名古屋U18→)
名古屋のユースからの昇格。
ポジションはサイドで使われそうということでこちらに。
ドリブル突破からのシュート力が持ち味とのことなのでもう一列前かもしれないけど。
層が薄い薄いと言われ続ける名古屋のサイドアタッカーだけに、
身体の出来と戦術へのアジャストによっては早い内に出番がもらえるかもしれない。

【MF】
梶山幹太 (名古屋U18→)
深堀同様名古屋ユースからの昇格。
ボールの扱いに定評のある攻撃的中盤、ということで将来の司令塔候補。
身体の小ささをカバーするだけの強さといなし方を身につけられるか。

ワシントン (ブラジル・デ・ペロタス→)
ブラジル人トリオの一人。
守備的中盤ということで、宮地、後述する宮原とポジションを争うか。
プレー集見ると身体の強さと読みで勝負するイメージだけど、
日本の早い寄せにどう対応するかが見どころかも。

小林裕紀 (新潟→)
J1のバリバリのレギュラーが降格してまで来てくれるとは思わなかった、
というのが正直なところ。
守備的な位置から攻撃を組み立てられるコンダクター。
中盤の支配者になってくれるだろうか。

八反田康平 (大分(清水)→)
今季は大分にレンタルされていた新監督カッコカリの教え子をゲット。
過去に影響を受けた監督の教えを知る彼がチームに何をもたらすだろう。

宮原和也 (広島→(レンタル))
守備的中盤の選手として、そしてイケメンとして名高い宮原がレンタル加入。
完全移籍で折り合いがつかなかったのが残念だが、借りパクしたくなるくらいの活躍を。
今季ホーム開幕戦の動きは印象的だっただけに楽しみ。

フェリペガルシア (ブラジル・デ・ペロタス→)
ブラジル人トリオの一人。
ポジションはホントのところどこなんだろう。
映像見てるとCFみたいなワンタッチゴールしかでてこないのだけど、
大森強化部長視点だとトップ下やサイドでもという話もあり。
まずは見てみたいよね。

【FW】
佐藤寿人 (広島→)
誰一人移籍するとは考えていなかったであろう広島のレジェンド。
出場機会を求めて、と言うより勝負させて欲しいと考えての移籍だろうが、
同時にベテランとしての貢献を求められてもいる時期。
どのような形で影響力を発揮してくれるのか、楽しみは大きい。

松本孝平 (国士舘大→)
サイズとフィジカルを兼ね備えた生粋のCFという触れ込み。
ポストプレイヤーとして使われていくのだろうが、
監督が変わったことは彼のサッカー人生にどのような影響を与えるだろうか。

押谷祐樹 (岡山→)
FC岐阜にいた時が印象に残っているんだけど、まだ27歳なんだね。
岡山で得点力を磨いたFWは3歳までを過ごした地に。
J2を知るものとしても期待が集まる。

永井龍 (長崎→)
加入コメントで前11番を「じゃないほう」に押しやった。
オフザボールの質はこちらのほうが上。
得点でチームを上に導いて名古屋のみならず日本中で「永井といえばこの人」にしたい。

杉本竜士 (東京V→)
まったく噂になかった若手ドリブラーが突如として加入発表。
どちらかと言えばセカンドストライカーとしての出場が多かったようだが、
サイドアタッカーとしての出番も増えそうだ。
今のチームには仕掛けられるドリブラーは貴重だけに、重宝されそうだ。

玉田圭司 (C大阪→)
最終戦の涙の別れから2年、玉ちゃんが名古屋に帰ってきた。
2年間の大阪ぐらしを経て、その経験をどのように還元してくれるか。
在籍終盤に目立った軽めのプレーが減ってるといいなと思いつつ、
ワクワクしている自分がいる。
スポンサーサイト

fool's Paradise articlesTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/759-3b91fc68

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.