fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

【赤鯱随想】それは、もう一人の自分。あり得たかもしれない未来。

2017/07/22 21:35

試合の結果は1-3での手痛い敗戦。
まだ試合は全部は見られていない(半分くらい)けれど、
押し込みつつも最後の精度に欠き、
高さを活かした一芸で闘莉王にやられるという展開だったようだ。
やられたシーン3点はハイライトで確認したけど、
「ミンチよりもひでぇや」
という感想が口を衝いたことをお伝えするにとどめておく。
試合の内容についてはりょーさんやみぎさん辺りが詳細に書いてくれるだろう。

さて、なかなか思うようにいかないもどかしい負け方も確かに悲しいが、
今日の相手、そして内容がさらに暗い気分にさせる。
その理由は、名古屋が負けたからではない。
京都が僕たち名古屋グランパスにとってもう一人の自分、あり得たかもしれない未来であり、
そのもう一人の自分もまたあまりにも酷い状況のチームであったからだ。
今日の試合の前半のみを見てもそうだけど、
「今日の試合に勝っても名古屋より下の勝ち点、順位」。

このことから導き出されてしまう、
「去年、ボスコと闘莉王を呼び戻しさざるを得なかった時点で、
 今年名古屋グランパスというチームが幸せになることはなかった」
という残酷な推論が成り立ってしまったからだ。

昨年ボスコと闘莉王を呼び戻した時点で名古屋グランパスにありえたifルートは

1.残留を果たし、ボスコ闘莉王体制で17シーズンのJ1を戦う
2.残留果たせず降格するが、ボスコ闘莉王体制で17シーズンのJ2を戦う
3.残留果たせず降格、体制が大幅刷新され、風間体制に(現実ルート)
4.残留果たせず降格、体制が大幅刷新され、監督ガチャ(ただし有名監督でないといけない)

以上4択だったと思っている。
現実は3で進んでいるが、今年の京都の出来を見ている限りだと、
1.および2.も明るい未来が待っていたわけではないのが証明されてしまったのではないか。
もちろん監督がド新人ではなくボスコというところで上積みは見込めるのだろうけど、
その分体制温存によって選手の上積みが乏しくなっていた可能性が高い。
J2でその体たらくの状況でJ1でまともに戦える可能性も低い。
(残留していたらさらに入れ替えが減っていたことを思えばなおさら)
結局のところ名古屋のファンサポーターが今年幸せになるには、
監督ガチャで大当たりを引くという薄い確率しかなかったという想定すらできてしまう。

…と考えると、選手の上積みが見込める現実ルートのほうが、
まだしも希望があるんじゃないのかと思えてきた。
前述のとおり昨年の延長上でやっていたら、
「どん底だと思っていたら上げ底で、さらなる奈落に突き落とされた」
可能性すらあるのだ。
その前に決断した変革の意志を、僕はもう少し、希望をもって見届けたいと思う。
スポンサーサイト
赤鯱随想 グランパス
fool's Paradise articlesTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/785-4ecb5f2a

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.