fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

闘鷲降臨~2017-18シーズンレビュー選手編その5:#16坂本、#18飛田 #FE名古屋

2018/05/31 13:47

[16]坂本 健
1718坂本 
 みんなのアイドル坂本さん。つぶらな瞳のイケメン坂本さん。そうかシカッチェ好きなのは本人が似てるからか。
 閑話休題。
 今シーズンもその日本人離れした、両手ダンクも軽々やってみせる運動能力は相変わらず。時にはドライブインからの力強いダンクも見せたりはしていたのだけど。今シーズンは栗野の加入、そして神津のコンディションが昨シーズンより良かったということもあり、まとまった出場機会が与えられる試合が少なく、苦しいシーズンを過ごすこととなってしまった。
 原因はというともちろん技術面の不足が主ではあるけれど、昨年よりも複雑化した攻撃戦術について、ポジショニングの精緻さやボールの扱いの堅実性という意味で栗野、神津に後れを取った、というのが正直なところかもしれない。特にボールを持った時の判断の遅さ自信のなさは深刻なところで、良いところに居られない、居られてもボールの扱いが自信がない分判断が遅れて有効なプレーが出来ない、という悪循環。ボールを持つときもそうでないときも、もっと思い切ってプレーしてくれたらいいのに、と思わせることが多いシーズンだった。
 ただ、今季最後10試合あたりは本人も吹っ切れたのか思い切った動きも増えてきて、そうすると不思議なことに入らなかったFTも入るようになったりするものである。最初の35試合のFT%は32%、最後10試合のFT%は60%と向上。最後数試合はノーマークでパスをもらってミドルを沈めるなど、積極的なシュートも見せるようになっていた。彼が栗野のようにクレバーなポジションどりをしてくれるようになってくれるのならそれに越したことはないのだけど、一朝一夕でそれが出来るようになるはずもなく、そういう成長を見せる前に彼に望まれているのは「下を向かずに思い切ったプレーをする」ことだと思う。
 人間的魅力という意味では申し分ない選手。彼の活躍を心待ちにしているファンはたくさんいる。僕だってそうだ。来季は、ホームでドライビングダンクをぶちかましてバスケットカウントをとって吠える坂本さんの姿が見たい。ブースターが、首脳陣が彼に望んでいるのは、そういうチームをノせるプレーであるはずだから。

[18]飛田 浩明
1718飛田 
 今シーズン東京エクセレンスから移籍。前シーズン二桁得点を挙げたシュート力を引っ提げて、期待されたFE名古屋加入だったが、初年度はやや悩みの多いシーズンとなった。平均出場時間が前年比70%に減ったことの影響も大きいのだけど、得点は前年比55%とそれ以上に減少している。PER30という30分換算した数字で比べてみると、2PFGの試投数とFTの試投数、そして被ファウル数が目に見えて減少している。そして、2PFG試投数は前半30試合が平均2.5本→後半30試合が平均1.2本と半減している。エクセレンス時代のプレーをあまりしっかりと見たわけではないので推測になってしまうけれど、序盤戦よく見せていたポストアップを後半戦はほとんど見せなかった、ということと関係がありそうだ。チームとしては同じポストアップでプレーさせるならジーや神津のところの方がアドバンテージができやすいし、飛田をポストで使うと外でパスを待ってシュートを決める選手が1枚減ることになる。恐らくそういった「役割の変化」がシュート本数の変化に集約されているのだろう。
 そういった変化がある一方で3Pシュートの本数は時間辺りでは増加したわけだが、その確率も前年より低下、FT%も70%を割り込むなど、シュートタッチの部分でも波に乗り切れないシーンが多かった。その理由は「攻守で昨年よりも機動力と万能性を求められた」という側面が強いような気がする。ハンドラー・ウイングには守備面で相当な「脚」を要求するのが現状のFE名古屋の戦術で、それは本来なら過保護にしたいシューターについても例外ではない。そういう意味でいくと、今季の初めに比べると飛田の守備の脚の動きは明確に向上したし、ハンドラーとして攻撃のエントリーに協力したり、スクリーンを使ったカットでリングにアタックしたりと今までになかった動きを見せられるようになったのは進歩として捉えて良いのかもしれない。
 今季は初年度ということでいろいろ苦労が見えた飛田だけど、よりオールラウンドな活躍が出来る選手への脱皮の下地を整えたシーズンなのだと思う。まだ去就が定かではないけど、来季も3Pシュートを決めて吠える飛田の姿を、そして本日のMVPとしてユーモアたっぷりに行うマイクパフォーマンスをたくさん見たいところだ。
(追記)この記事をアップ直後に来季契約と膝の半月板手術に伴うインジャリーリスト入りが判明。早ければ3ヶ月くらい、長いと半年くらいかかるのかな。元気な姿で復帰する日を楽しみにしてるよ、トビちゃん!
スポンサーサイト

fool's Paradise articlesTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://centerrising.blog49.fc2.com/tb.php/857-a641f4a5

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.