fool's paradise ~愚者の楽園~

蹴球や籠球や野球や色々な記事を徒然に書き綴ったりメモったり。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
中とも呼ばれる。

Nackyは名古屋の
スポーツチームを
応援しています。

最近は蹴球(赤鯱)と籠球。

トップ絵はヨメである
いしだりえの絵を拝借。
僕がモデルではないのだが、
似すぎw

もはやメインとも言える、
Twitterアカウントはこちら。
メイン(蹴球野球漫アゲ)
競馬専用
興味があればどうぞ。

Basketball.naviさま、
データ利用許可ありがとうございます。

Twilog

Nacky(中昇)のアカウントのtwilog。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグcloud

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

赤鯱随想~守破離の破

2017/08/15 14:41


思うようにいかない6月7月を終え、迎えた8月。
瑞穂で行われた愛媛戦を現地で、トヨスタでの松本戦をTVで観戦して、
思い浮かんだフレーズが「守破離の破」というものだった。

【守破離とは】
剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。
「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。
「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。
「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。
(出典:デジタル大字泉)

これは個人としてもチームとしても当てはまり、
かつ対象となる部分もいくらでも細かくできる言葉なのだけど、
少なくともこの2試合のチームのプレーが、
これまでとは明確に異なっていたこと、
そしてそれが相手を大いに困らせていたことは間違いなかった。

そう感じさせたきっかけはボランチに入った小林と田口が、
サイドチェンジや裏抜けへの浮き球を送り込むことを躊躇しないシーンが増えてきたと感じたからかも知れない。
シーズン序盤は「足元で」「ボールを浮かさずに」「中央で」という原理原則を
「守る」ことが最重要視され、そうしたメンバーがゲームに起用されてきた。
それが、全体に原理原則が浸透して、監督曰く「目が揃う」場面がある程度増えてきたことで、
原理原則をチームで表現しつつ、それを「破る」プレーが増えるようになってきた、ということだろう。

もちろん、裏に抜けるだけのスピードのあるシャビエルや
1on1で勝負のできる青木、秋山のような存在があってこそではあるのだが、
ここにきて起用の優先順位は
「「守」は出来ることが前提で、チームメイトと目を合わせつつ「破」ができる選手」
となりつつあるのではないか、そう思わせる。
シーズン序盤に出場機会を得ていた、永井、内田、杉本あたりが出番を得られず苦しんでいるのも、
和泉がなかなか前線では使われずに便利使いをされている状態なのも、
おそらく求められるものが「守」の次の段階になって、
明確な「破」をチームの中で発揮するというところで出し切れていないということなのではないか。

それとともに、この夏異例の人数を完全およびレンタル移籍で放出したことについても、
「チームとして必要なのは最低限「守」の部分が表現できる選手」
「現時点で「守」の部分で汲々としている選手は適性の部分でしんどいと判断」
「そういう選手に対してのオファーは積極的に開示し、選手としての価値を毀損しない判断を許容」
という形ではないかと推測される。
これは放出された選手が磯村を除けばいかにも汲々としていた印象だったことと併せて、
「今のサッカーに合っている、合わせて伸びていける」と判断された夏からの加入選手が
すんなりとフィットし始めたことからも見て取れる。

人間もチームも成長曲線は右肩上がりではありえない。
チームの成長曲線より伸び悩む選手も出てくることだろう。
そういう選手を放出するという決断になった場合、
ファン目線では一瞬「なんてドライな」と感じることもあるだろうけど、
これはこの半年余りでそれだけチームが前に進んできた証なのだと前向きにとらえたいな、
などとこの2試合ほどの結果を見て感じさせた。

で、入れ替える以上、よりフィットし、より実力を発揮できる選手を選定し、
連れてくるのはもはや強化担当の義務と言える。
そういう意味では現状、強化担当と監督の「目は揃っている」ようで、
この夏のウインドウでの移籍選手は今のところ当たりが多いように思えるし、
今後に向けても、少なくとも戦術にまったくアンマッチな選手を連れてきて
ドヤ顔することはなさそうである、というところでずいぶん安心だ。

来季をどこで、どのように戦うにせよ、楽観視も悲観視もせず、
淡々と努力をし続けていただきたいし、少なくともこの数か月の動きをみる限りでは、
そうしてくれるという期待は持てるのではないかなあ、と改めて思っている。
グランパス 赤鯱随想
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

赤鯱随想~嵐の中で輝いてと(2017-26節H愛媛(43))

2017/08/07 21:33

いろいろ迷った結果、今月のグランパスの試合観戦はここで行うことに決定。
現地で見てきた。

試合の中身については、まあほかでさんざん言われているので感想だけにとどめるけど、

・1点目がコンスタントに出てこそ寿人を使う価値がある。
・2点目は相手キーパーのミスというより、それを誘った見事なキックだった。
・3点目はダイジェストで下村さんが言った通り「パーフェクト」。あれをたくさん見たい。
・4点目は秋山が能力の高さを垣間見せた。秋山はこのままシーズン終了まで拉致ろう。

・この後4点分?うっ頭が。
・つーかリプレイで点が入るなんてずるい←

・5点目も崩しとしては見事。青木はだいぶあそこで落ち着くようになったなあ。
・6点目はシャビエルの守備で1点、的な。もちろん青木も見事。
・7点目は完全にオマケ。田口ハットトリックオメオメ。

とりあえずシャビ、スン、秋山君の3人のプレーを初めて目の前で見たけど、
これは3人とも風間監督のお眼鏡に適いますわ、という内容。
なるほど、こういう風に選手が入れ替わるのだろうな、などと遠い目を。

にしてもスンちゃんは脚を痛めての交代となるとちょっと気になるねえ。
回復を祈ろう。

試合後にはyasさんラグさんコージーさんと祝杯兼反省会。
大量11点を肴に美味しいお酒。
また行きましょう。

そんな週末。岩瀬の新記録達成&セーブもあったりで良かったね。

赤鯱随想 グランパス
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

【赤鯱随想】それは、もう一人の自分。あり得たかもしれない未来。

2017/07/22 21:35

試合の結果は1-3での手痛い敗戦。
まだ試合は全部は見られていない(半分くらい)けれど、
押し込みつつも最後の精度に欠き、
高さを活かした一芸で闘莉王にやられるという展開だったようだ。
やられたシーン3点はハイライトで確認したけど、
「ミンチよりもひでぇや」
という感想が口を衝いたことをお伝えするにとどめておく。
試合の内容についてはりょーさんやみぎさん辺りが詳細に書いてくれるだろう。

さて、なかなか思うようにいかないもどかしい負け方も確かに悲しいが、
今日の相手、そして内容がさらに暗い気分にさせる。
その理由は、名古屋が負けたからではない。
京都が僕たち名古屋グランパスにとってもう一人の自分、あり得たかもしれない未来であり、
そのもう一人の自分もまたあまりにも酷い状況のチームであったからだ。
今日の試合の前半のみを見てもそうだけど、
「今日の試合に勝っても名古屋より下の勝ち点、順位」。

このことから導き出されてしまう、
「去年、ボスコと闘莉王を呼び戻しさざるを得なかった時点で、
 今年名古屋グランパスというチームが幸せになることはなかった」
という残酷な推論が成り立ってしまったからだ。

昨年ボスコと闘莉王を呼び戻した時点で名古屋グランパスにありえたifルートは

1.残留を果たし、ボスコ闘莉王体制で17シーズンのJ1を戦う
2.残留果たせず降格するが、ボスコ闘莉王体制で17シーズンのJ2を戦う
3.残留果たせず降格、体制が大幅刷新され、風間体制に(現実ルート)
4.残留果たせず降格、体制が大幅刷新され、監督ガチャ(ただし有名監督でないといけない)

以上4択だったと思っている。
現実は3で進んでいるが、今年の京都の出来を見ている限りだと、
1.および2.も明るい未来が待っていたわけではないのが証明されてしまったのではないか。
もちろん監督がド新人ではなくボスコというところで上積みは見込めるのだろうけど、
その分体制温存によって選手の上積みが乏しくなっていた可能性が高い。
J2でその体たらくの状況でJ1でまともに戦える可能性も低い。
(残留していたらさらに入れ替えが減っていたことを思えばなおさら)
結局のところ名古屋のファンサポーターが今年幸せになるには、
監督ガチャで大当たりを引くという薄い確率しかなかったという想定すらできてしまう。

…と考えると、選手の上積みが見込める現実ルートのほうが、
まだしも希望があるんじゃないのかと思えてきた。
前述のとおり昨年の延長上でやっていたら、
「どん底だと思っていたら上げ底で、さらなる奈落に突き落とされた」
可能性すらあるのだ。
その前に決断した変革の意志を、僕はもう少し、希望をもって見届けたいと思う。
赤鯱随想 グランパス
fool's Paradise articlesTB:0CM:0

botのお作法とTRPGと

2017/07/21 14:25


最近僕のタイムライン上でもそこら辺の話題がよく出ている。
パクツイ以外の内容については割と鷹揚な僕ではあるんだけども、
渦中のbotについては珍しく早い段階でブロックしてしまった。
なのでその後のことはあまりわからないが、
フォロワーさんが絡まれてさらに焦げ臭くなっているたようなので、
これを機にそもそも「botって何よ」というとこから考えてみることにした。

とりあえずWikiに頼って「bot」の定義をみてみると、

『Bot(ボット)は、robot(ロボット)の短縮形・略称で、転じてコンピュータやインターネット関連の自動化プログラムの一種のこと。
クローラ、インターネットボット - WWWにおいては、ウェブサーバとのやりとりを自動的に行うプログラム。』
https://ja.wikipedia.org/wiki/Bot

とある。だから、twitter上でのbotについて本来の定義は
「●分に1度、といった具合で事前に定められたプログラムに従ってツイート、
 もしくはリプライに対して一定のリプライを返すプログラム」
となると思われる。

ただ、twitterの海は深くて広い。
その定義には当てはまらない、botを名乗るアカウントもいっぱいいる。
僕の狭い観測範囲だと3つくらいパターンがあって、

①本人かそれに類する人があえてbotを名乗って発信している
②架空のキャラクターのbotを名乗って発信している(なりきりa)
③実在の人物のbotを名乗って発信している(なりきりb)

あたりが大方ではなかろうかと思っている。
①はだいたい、
「発信すべきことがある著名人が、常に発信できないことやリプに反応しないことに対する免罪符を持つ」
というパターンだ。芸能人の「●●official」「○○公式」とかと似たニュアンスのやり方。

で、②と③がよくネット界隈で炎上したり議論を起こしたりするアレである。
この2つは名乗っているものは違っているが構造としては同じで、
「中の人自体ではない、別のキャラクターの仮面を被り、
 そのキャラクターらしいことを発信して自分が楽しみ、受け取り手を楽しませる」
というのが基本的なスタートラインになっている、はずだ。

これは根っこのところで何と同じかと言ったら、「子どものごっこ遊び」ということになる。
そして、もう一つ進めるなら「大人のごっこ遊び」ことテーブルトークRPGと同じということにも。

テーブルトークRPGのように「キャラクターになりきる」ことが求められるということで、
「キャラクターが知らないことは知らないように振る舞う」
「フィードバックは受けるにせよ、中の人とキャラクターは違う(キャラクターを演じることが求められる)」
という部分も共通だと考えても良いだろう。
簡単に言うと「メタフィクショナルな部分はなるべく減らすのが上手に動かすコツ」と言えるわけだ。

そういう意味では②のほうが創造というか、許される余地の大きいやり方だといえるだろう。
「○○な●●bot」のように、さらに改変されている場合はさらに余地は大きくなる。

一方、実在の人物を名乗る場合、許される余地というのは大きく減じる。
その人物が存命であればなおさらだ。
本人の真のパーソナリティが厳然と存在する以上、
「そうじゃないんだ」と言われる可能性は、
本人からもそれを知っている第三者からもありうるわけで当然ではある。

②にしろ③にしろ、こうした「なりきり」を楽しむためにはそのキャラクターに対する共通認識があり、
その設定から出る発言を楽しむという形になるだろう。
その「設定」をどこまで変えてよいのかというのはもちろんモチーフとして被っている仮面によるのだろうし。
中の人が漏れ出てメタフィクショナルになる部分がどれほど許されるのか、
というのもまた同じようにそのキャラクターと取り巻く環境による。

ただし、どちらにも共通するのは「見ている側は背負ってる看板なりの行動を要求している」ということ。
中の人が仮面にはそぐわないような言いたいことがあって、
それをbotに話させてしまったとしたら、それはもはやbotではないナニカ。

今回の騒動って、結局のところそういうことなんだろう、と、まとまらないながら思ったりしたのであった。

fool's Paradise articlesTB:0CM:0

オールスターゲーム

2017/07/15 00:38


ナゴドで行われたオールスターゲームを見てきたよ。
席はパノラマ最上部に最近設けられた12人まで思い思いに座れるボックス席になっているパーティーテーブル席。
初めて行ったけど仲間内でワイワイやるには最適だと思ったし、
そういうライトな楽しみ方ができるのがプロ野球の裾野の広さなんだろうなとあらためて。


で、今日の四国物産展に買い出しに行ってくれた友達のおかげで、
滅多にありつけないこれを食べられた。
霧の森大福。

メチャクチャ旨かった。

fool's Paradise articlesTB:0CM:0

FC2カウンター

ブログ内検索

ランキングバナー

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ Fイーグルス名古屋へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズへ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 fool's paradise ~愚者の楽園~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.